04 22

ブライトン②

020_20120418061447.jpg

さて、ブライトン観光ですが、町のあちこちに小さくてかわいい通りがあります。

それをゆっくり見て回ってショッピングするととっても楽しい町です。



私は、数年前に友人に「Bill's」という、とってもお勧めの八百屋&カフェ&レストランがルイスという町にあると教えてもらって、一緒にランチを食べに行きました。

それから、いくつか支店もできて、お料理本まで出版されました。

Cook Eat Smile: Bill's: the CookbookCook Eat Smile: Bill's: the Cookbook
(2011/08/05)
Bill Collison、Sheridan McCoid 他

商品詳細を見る
http://www.bills-website.co.uk/

そのお店は、当時ルイスで大人気でお昼に行くと席が取れない・・・ということで、時間をずらしてお昼前にいきました。今まで見たことない、おしゃれな八百屋の奥に、ディスプレイがすごいというか、素敵というか、とにかく迫力満点のカフェ&レストランで大興奮。そのときの写真はまた次の機会にご紹介するとして・・・、

026.jpg

↑こちらは、ブライトンの町中にできたBill's。
棚にお店のジャムやチャットニー、食材をズラ~~~~~~っと並べたディスプレイはルイスと同じ。
店内は、庶民食堂をおしゃれにした感じ?
大人気で、私がランチタイムに入ったときは店内に列・・・。10分ほど待って席につけましたが、その後もひっきりなしにお客さんが入ってきて列ができていました。

029_20120418061445.jpg

私はビーフバーガーを。
おいしい!量も多すぎず、チップスも英国にしては控えめで。
メニューですが、私が行ったルイスのお店とは違い、いまどきの英国風パブ飯に近い品揃え。
デザートもごく一般的なものでした。
飲み物は、トマトジュース。絞りたてオレンジジュースとか、にんじんとフルーツのジュースなど他にも気になるものがありました。
全体的に、ブライトンの町(若い客層)にあわせて少し今風にアレンジしているのか・・・という印象を受けました。ただ、豪快&男っぽい料理は、以前どおりでウェイターも元気な男の子が多いせいか、こちらまで元気な気持ちになれるお店です。

027_20120418061445.jpg
スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

著書は、
「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★





mytaste.jp

プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ