FC2ブログ
08 12

英国のキッチン

s-00 Sample_2_page-0001
8月ももう中旬!
暑い夏が続きますね。

さて、8月17日土曜日は横浜の「藤棚デパートメント」にて
イベント開催します。
午前の部は、
イギリスの紅茶飲み比べ&ヴィクトリア女王生誕200年記念 (満席キャンセル待ち)

午後の部は、
イギリスのキッチンとベーキングの変遷について。
チューダー朝からヴィクトリア朝、現代まで。

お申し込み・詳細はコチラから↓
https://www.facebook.com/events/351155882266930/

小冊子「英国のキッチン」を読み解いていきます☆

キッチンについて、私は大学生のころから興味がありました。
最初は日本、イギリスに渡ってからイギリスのキッチンへ。

s-英国のキッチンを訪ねて
2006年に出版された「お菓子を習いに英国へ」でも
コラムでキッチンについて取り上げました。

それから10年以上!
訪れた農家やお屋敷のキッチンはかなりの数に。
いままでリサーチしてきたことを
これから少しづつまとめていくつもりです!

「お菓子を習いに英国へ」の中で、
ウェールズのコンウィという町にある
プラス・マウルというお屋敷を紹介しました。
(クレア・トラベラーズ2017年秋号にも出てます!)

ここは、コンウィのハイストリートにあるタウンハウスで
素晴らしいキッチンが保存されています。
ここのキッチンの写真を「英国のキッチン」でも
取り上げました。

コンウィは、北ウェールズにある城下町。
かつてイングランドが攻め入った時に、
イングランド軍は各地に城を建設して、
ウェールズの鎮静化を図りました。
その当時に作られたお城の城跡が今も一般公開されています。

横浜でのイベント、
英国の紅茶とデザートを食べながら、
楽しいひと時を過ごしましょう☆


●ももさんのイギリス講座その2 イベントの詳細●

【日時】
8月17日13:30~15:00
(開場は13:20から)

【内容】
・イギリスのベーキング・オーブン・キッチンの変遷
・ももさんとティータイム(ももさんがお茶をセレクトしてくださいます。お菓子はももさんの本のレシピから。)
・ももさんセレクトグッズの販売

追加として、
両方受講の方には間に軽いランチを提供します。(無料)

【講座費】
4,500円(当日支払)
その2の講座では、
ももさんの作られた小冊子を副読本として
講座で使用します。そのため、持っていない方は当日購入ください。


【申込方法】
MAILで申込をお願いいたします。
返事をさせていただいて、申込となります。

atrie7777@gmail.com


以下の内容を、メールに記入お願いいたします。
①お名前
②希望の講座(その1のみ・その2のみ・両方)
③緊急連絡先
④ももさんの小冊子(購入する・持っているので不要)

(2講座とも申込の方のみ)
⑤ランチ希望(する・しない)
⑥アレルギー(有り(アレルゲンを明記)・無し)

【キャンセルについて】
8月12日までメールにてキャンセル受付します。
8月13日以降は、キャンセル料として
講座費振込いただきます。
台風など天候など、実施をしない場合は、
こちらのイベントサイトとメールでご連絡をします。

スポンサーサイト



britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★



プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ