FC2ブログ
08 11

金沢、テイスト&セントでのイベント報告!

先日、金沢まで行ってきました!

イングランド南西部のお話と
デモンストレーションには、ジェーンオースティンの料理読本より
固いシラバブ。

シラバブは、大好きなイギリスのデザートの一つで
あちこちのイベントにてデモンストレーションしております。

今回は、ジェーン・オースティンとその家族の友人で
チョートン村では一緒に住んでいた
マーサ・ロイドのレシピブックより。

38444833_303030703605867_2911378280634384384_n (2)
作り方はいたってシンプル。
当時のレシピのそのままで再現しました。

ただ、冷蔵庫がない時代に
このデザートを一晩おいてから食べた
というくだりに、
ふーむ。
当時はもっと涼しかったのか?
当時のクリームは傷みにくかったのか?
当時の人はおなかが強かったのか??
それとも、ちょっと発酵食品ぽくなっていたのか?
など、なぞは残ります。

38624365_307675889806117_2469968213698412544_n (2)
出来上がりはこちら!
当時は、レモンの皮とローズマリーの葉を飾っていたみたい。

今回は、今風にテイスト&セントの絢子さんが
ローズマリー入りのビスケットを添えてくれました。

IMG_1832 (2)
イングランド旅行案内では、
レイコック村。
クレステッドチャイナは、レイコックアビーを作った
ソーズべりー伯爵夫人のエラをモチーフにした紋章入りを。
かなりレアなお品でございます。

レイコック村は、
エラによって
村のマーケットが頻繁に開かれて、
修道女たちが作る羊毛の交易で栄えたといわれています。
アビーには、蒸留所まであるんですよ。

そのほか、
私のお気に入りの町などをご紹介しました。

IMG_1807.jpg
午前と午後の間のランチは、
テイスト&セントのベジタリアンランチを注文できました。
絢子さんの作るベジタリアン料理は本当においしい。
イギリスのベジタリアンカフェで食べる料理そのもの!

IMG_1814.jpg


午後は、
3種のお茶とお菓子のマリアージュ。

38658491_683471662014388_2861766477743128576_n (2)

島田枝里さんを迎えて、
アイスティーのデモンストレーションをしていただきました。

[広告] VPS


アイスティーのこぼれ話も~。
アイスティーには、レモンタルトを添えて。

38600550_1200188180124015_1725820642395160576_n (2)
絢子さんお勧めのハーブティーには、
米粉のクランブル。
アーモンドの香りがほんのりと。

そして、私がイギリスより持って帰ってきた
コーニッシュティーとジャファケーキ、フィグロールを。

Book of british kitchen
小冊子も展示販売しました。

こちらをお求めの方は、
これから中世のキッチンなどの講座をすることがあると思いますので、
その際にはぜひお持ちください!



IMG_1824.jpg






にほんブログ村 イギリス情報
スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★



プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ