FC2ブログ
11 06

ドラマ「ダウントンアビー」のロケ地めぐり①、ハイクレア城へ行く。

21742980_985198731622962_7946176167691900459_n_20171030013307b5c.jpg
9月の初めのころに、
ハンプシャー州にあるハイクレア城に行ってきました!

あの大人気ドラマ「ダウントンアビー」のモデル、
撮影場所となったお屋敷です。

この建物は、
国会議事堂を設計した有名な建築家によって
1800年代初頭に建物の上部が改築されています。
そういわれてみると、国会議事堂に似ていますよね。

21761919_985198681622967_7364398959369037454_n_20171030013311400.jpg
この日は、今年最後の開館日。
チケットはあらかじめ予約購入しておきましたが、
邸宅の前には、すでに列。
入場する人の制限をしているようです。
これって、ドラマでも邸宅公開した時に同じようなこと言ってましたよね??

館内は撮影禁止なので写真はありませんが、
おなじみの赤のドローイングルームやダイニングルームも見学できます。

2階に上がると、シビルちゃんのベットルームであったお部屋なども。
上階から見るホールの様子も圧巻。

そして、階段!
ドラマそのまま。
木製で、美しい装飾が施されています。
あの階段を実際に降りられるなんて~~~~。

いろんなシーンに出てくるお部屋をみて
その場にいられるなんて。
特別な気分になりました。
嬉しかったです。


21742821_985198694956299_4688760550980555736_n_20171030013305be6.jpg
見どころはお屋敷だけでなく、
お庭が美しく広いです。
野草が一面に植えてあるところを歩いて通り過ぎると
その奥に壁に囲まれたウォールドガーデン。
ローズガーデンなどがあります。

このお屋敷を所有するカーナヴォン伯爵家は
ダウントンアビーのお話と同じく、
第一次大戦のときに負傷者ための病院として開放。
アメリカから嫁いできた夫人の活躍によって
多くの人がこのお屋敷で静養することができたそうです。
この実話に基づいて、
ダウントンアビーのストーリーも生まれたのですね。

女性たちの活躍の場が増えて、
時代が近代化へと大きく変わった行く様は
とても興味深いです。

ハイクレア城がほかの貴族のお屋敷と大きく異なるのは、
お屋敷の経営が困難となり
土地や家を売却したり、
ナショナルトラストなどへ寄付して委託経営へと進んだところがほとんどの中、
ここの伯爵家は、自分たちで自宅公開を行って
メンテナンスから経営まで行っている点。

いろんな面で、
感慨深い滞在となりました~。

山口もも お菓子レッスン・旅行案内



にほんブログ村 イギリス情報
スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★



プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ