04 08

イギリスのイースター

お天気のいい日が続く春です!
気分も明るくなりますね。

さて、
春といえばイースター。
イギリスではクリスマスの次に大きな年中行事で
もともとは春の到来を、
キリスト教では
イースターサンデーを「キリストの復活祭」として祝います。

17523206_884353158374187_334662745096092434_n.jpg
「お菓子を習いに英国へ」のイースターの説明ページ。
この本は、
ぱっとみると
写真付き英国お菓子のレシピ本のようにみえますが
全然違います!

実は、読み物です。
レシピがついている読み物。。。という感じ。
イースターのこともぎっちりと書いておりますので
是非ご覧ください!

17523054_884353185040851_7376708767830409899_n.jpg
イースターサンデーの前にあるグッドフライデーに食べられていた
ホットクロスバンズ。

12809608_669911509818354_6173339631824086327_n (2)
とても歴史の古いお菓子パンです。
イギリス人は大好きで、
今では一年中、ティーケーキ(小さいバンズ)同様に普通に売っています。

P1010063 (2)
こんな風につくっても。
(パイレックスのガラス容器は、パンやフルーツケーキがうまく焼けます!)

P1010069 (2)
こんな風にローフ型にいれても、
なかなか可愛い。

IMG_1202.jpg
子供達に人気の
イースターエッグネスト。
鳥の巣と卵を見立てたお菓子です。

イースターのお菓子には、
パンケーキデーに食べるパンケーキ。
シムネルケーキ、イースタービスケット、
イースターエッグチョコレートなどがあります。

IMG_8424_20170407014950bfa.jpg
この時期になると
お庭に植えてあるルバーブがぐんぐんと伸びて
昨日(4月5日)は今年初、ルバーブを収穫しました。

IMG_8426_20170407014949d9b.jpg
葉っぱの大きさ、わかりますか?
巨大!
ほっておくとものすごい大きさになります。

IMG_8425.jpg
大きく育った茎を選んで
根元から引っこ抜く感じで収穫。
そうするとその後からまた新しい芽が出てきます。

17799050_883836278425875_330473240870026880_n.jpg
さっそく、
夕食のデザートにルバーブクランブルを。

17760143_883836251759211_609570382264757183_n_3.jpg
イギリス人はカスタードを脇に注ぐ(どばどばと)
がお好み。
私はバニラアイスクリームが好き。

IMG_8429_2017040701562020b.jpg
「お菓子を習いに英国へ」の
ルバーブクランブルのページ。
このレシピでいつも作ってます★
おいしいよ!


IMG_8428_201704070203326c9.jpg
この前、ファームショップから買ってきたハイランダーというお花。
こんな感じの小さくて素朴に愛らしいお花が好きです。




ウェブサイト「山口もも 旅行案内・お菓子レッスン」は、こちら→http://momoyamaguchi.com/archives/579



にほんブログ村 イギリス情報
スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

著書は、
「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★





mytaste.jp

プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ