04 01

アイルランドの名窯ベリーク(Belleek)

4月になりましたね。
こちらはマグノリアの花が大きな木にたくさん咲いて
春らしい雰囲気になってきました。

今日は、アイルランドにあるベリークのご紹介です。
150年以上も続く名窯で、
いまも北アイルランドにある工場にて、ひとつひとつ手作りされています。

IMG_0995.jpg
ベリークは、
薄い貝殻のように白く美しい作品が有名。
こちらのカップ&ソーサーも光沢のある「バリアン・チャイナ」とよばれる磁器です。

IMG_0997.jpg
光を通すので、
白さがさらに引き立ちます。

IMG_0999.jpg

こちらのページからご注文をお受けいたします。
http://momoyamaguchi.com/archives/579


IMG_1002.jpg
小皿。
淵がほんのり緑色。

IMG_1004.jpg

IMG_1005.jpg
カップ&ソーサーと小皿は
1891年~1926年に作られたもの。
バックマークからどの時期に制作されたのかわかるようになっています。

IMG_1006.jpg
アイルランドを代表する花「シャムロック」の三つ葉がモチーフ。

IMG_1010.jpg
1946~1955年に制作された作品。
少し厚手の磁器になっていますね。

こちらのページよりご注文をお受けしています。
http://momoyamaguchi.com/archives/587


IMG_1014.jpg
きらきら、光沢のあるボール。

IMG_1015.jpg

IMG_1018.jpg
1965年から1980年3月31日までの制作された作品。

IMG_1026.jpg

IMG_1028.jpg

IMG_1029.jpg

IMG_1034.jpg

IMG_1035.jpg

IMG_1037.jpg
1965年から1980年3月31日までの制作された作品。
同じ時期に作られたものでも
それぞれ、雰囲気が違いますよね。


IMG_1020.jpg
最後に、私の手元にある作品で一番最近に作られたものを。

IMG_1021.jpg

IMG_1022.jpg

IMG_1023.jpg
1993年~1996年に制作された作品です。

時代別にご覧になられて、
いかがだったでしょうか?

上品で、美しいものばかり★

ご興味のあるお品がありましたら
お気軽にお問い合わせくださいね。

ウェブサイト「山口もも 旅行案内・お菓子レッスン」は、こちら→http://momoyamaguchi.com/archives/579



にほんブログ村 イギリス情報
スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

著書は、
「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★





mytaste.jp

プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ