03 09

ウェッジウッドの陶磁器

産業革命のころ、
イングランドのストークオントレントという町には
たくさんの陶磁器工場が立ち並んでいました。

その名残を見に行くために、
昨年、ストークオントレントの「ワールドオブウェッジウッド」へ行って以来、
ウェッジウッドのファンになりました。

創始者のジョサイアウェッジウッドは、
なみならぬ才能と努力で素晴らしい作品を生み出しました。

IMG_8381.jpg
ロンドンにあるヴィクトリア&アルバートミュージアムの6階に行くと
ウェッジウッド初期のジャスパーウェアが展示してあります。
その繊細なこと・・・・・。

IMG_8383.jpg
さらに、
「ポートランドの壺」も!
こちらにおいてあるのは2種。
一つは、ジョサイアが作り出したポートランドの壺のコピー、ファーストエディション。
ウェッジウッド窯で1790年に作ったものです。
もう一つは、1840~45年に作られたものだとか。
どちらにしても古いですね。


今日は、手元にあるお気に入りもご紹介します★

2878684.jpg
カップ&ソーサー。1900~1920年の間に作られたもの。
白いカップに金彩がうつくしい~。

2878685.jpg

2878686.jpg
ジャスパーウェアの小物入れ。
たぶん1900年代中ごろのもの。ビンテージ品。

2878688.jpg
若草色がきれいだな~と思って。
形もエレガントでしょう?

2878689.jpg

IMG_0774_20170305221740625.jpg
ジャスパーウェアの定番色。

IMG_0776_20170305221741e94.jpg
ジャスパーウェアは、
ざらっとした表面が特徴で、
レリーフが飾り付けられています。
ジョサイア・ウェッジウッドが研究を重ねて生み出した
他にはないオリジナルの作品です。




にほんブログ村 イギリス情報
スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

著書は、
「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★





mytaste.jp

プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ