03 08

【春のコラボイベント告知】 英国おかし物語 ~NHK文化センター青山教室~

今年の4月5日には、
NHK文化センター青山教室にて
イギリス文化研究家の小関由美さんと講座を開催します~!

2695543.jpg

まさか、まさか、
私のイギリスあこがれ本
「イングランド ティーハウスをめぐる旅」
の著者である小関由美さんと
私が一緒にお仕事することになるなどと、
15年前の私が想像できたでしょうか?????(できませんでした!)


「英国おかし物語」
講座内容:
~ヴィクトリア朝時代の英国菓子&イースターのお菓子&アンティーク~

この時代は、
上流階級のみならず、
経済の発展にともなって生まれた中流階級の家庭にて
英国のお菓子もいろいろなバリエーションを持つようになります。
いま、イギリスで食べられている英国菓子というのは、
この時代から受け継がれているレシピが少なくありません!

Victorian_trifle.jpg
トライフルは、もともとは上流階級で楽しまれたデザートですが
ヴィクトリア時代になると、
中流階級で気軽に食べられるようになりました。

***********

イースターのお菓子も
エリザベス1世の時代や、ヴィクトリア時代に食べられていたお菓子が
今でもイースター菓子をして受け継がれています★

P1010077.jpg
ホットクロスバンズは、
その中でもとても人気のあるお菓子(パン)で、
今では一年中ベーカリーやスーパーにて手に入ります。
イースターの行事菓子から、
英国の人気お菓子へと変貌を遂げた珍しい例ですね。

************

アンティークについては、
日本ではまだあまり知られていない
「クレステッド・チャイナ」をご紹介したいと思います!

鉄道が発達したヴィクトリア時代には
庶民も海辺などへ行って休暇を過ごせるようになります。
それに合わせて、ご当地土産として大人気をなったのが、
村や町、時には州や有名人の紋章(クレスト)がはいった陶器
クレステッドチャイナです。

Crested_China1.jpg
(チェダーのクレストいり。)

動物や建物などいろいろな形があります。
クレストのデザインを見比べるのも楽しい★
当日も、
いろいろなクレストがついた陶器をサンプルとしてお持ちします~。
今の時代には考えられない、
ハンドペインティングが施されています。
みんなで楽しみましょう~。

講座へのお申し込みは、
NHK文化センター青山教室へよろしくお願いいたします!



NEW!【春のコラボイベント】 S*STYLE TEA*ビートン夫人のお茶会 4月2日
詳細はこちら→ビートン夫人のお茶会

お申し込みはこちら→http://sstyle-tea.net/contact

**********

【イベント告知】 英国の紅茶とお菓子を楽しむ会
3月27日 日曜日→ 参加ご希望の方募集中です★

【コラボ・イベント告知】 英国の地方菓子と紅茶とちょっぴりアンティークの会
3月29日 火曜日→ 満席・キャンセル待ちのみ受けたまっております。

【コラボ・イベント告知】英国おかし物語 ヴィクトリア朝時代の英国菓子&イースターのお菓子&アンティーク
お申し込みは、NHK文化センター青山教室よりお願いいたします★

沢山の方にお会いできるのを楽しみにしております~!




にほんブログ村 イギリス情報
スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★



プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ