02 20

【春のビクトリアンウィーク ①】 ワイト島 オズボーンハウス

いま、今年の春に日本でお話しする予定の
ビクトリア時代についていろいろを再勉強しています★
それにちなんで、
ブログでも、ビクトリア時代に関連するお話をいくつか取り上げていきたいと思います~!

まず今回は、
イングランドの南に位置する、
ワイト島にあるオズボーンハウスです!

2695537.jpg
(2015年の5月に訪問した時の写真。)
このお屋敷は、
ビクトリア女王が、家族と過ごすために建てられた邸宅として知られています。
ワイト島の観光名所の一つ。

女王の執務室や広い客間もすばらしいですが、
生活感あふれる子供部屋があったり、
女王の小さめのお部屋があったり、、
なかなか見ごたえのあるお部屋の数々。


2695539.jpg
お屋敷の後ろ側に海に臨む大きなガーデンがあります。
女王の執務室は、窓から海が見えて一番眺めのいい場所なんだとか。

2695540.jpg
豪華絢爛というよりは、
優し気な雰囲気のガーデンです。

2695538.jpg

お庭はとにかく広くて、
この先に
女王が子供たちと過ごしたというコテージや
家庭菜園もあります。
できる限り、子供たちを自然に触れされて、
当たり前の生活を体験できるように工夫がされていたんですね。

P1010055.jpg
敷地が広いので、
馬車での送迎サービスがありました。

P1010062_201602200459003db.jpg
ほっと一息つける
ティールームも。

P1010070.jpg

オズボーンハウスの門からお屋敷までの間に、
ウォールドガーデンがありました。
昔のお屋敷には、
壁で囲われたお庭があって、
その中に家庭菜園あり、
お花の寄せ植えあり、と
見て楽しく、さらに実用性あり。

P1010066_201602200459014b6.jpg
温室もあります。
世界中から植物を収集した大英帝国。
様々な品種が集められました。
温室では、レモンやオレンジなどの
果物を育てることも多かったみたいですね。

P1010065_2016022004590206c.jpg

あと、前に(モンティ・ドンさん出演の)ガーデニングのテレビ番組で、
アルバート公はオズボーンハウスのお庭に、
世界中から取り寄せた木の苗を植えた…
ということを説明していました。
今では大木に成長しています。
オズボーンハウスのお庭に行ったら、
是非探してみてください★


【イベント告知】 英国の紅茶とお菓子を楽しむ会
3月27日 日曜日→ 参加ご希望の方募集中です★

【コラボ・イベント告知】 英国の地方菓子と紅茶とちょっぴりアンティークの会
3月29日 火曜日→ 満席・キャンセル待ちのみ受けたまっております。

沢山の方にお会いできるのを楽しみにしております~!




にほんブログ村 イギリス情報
スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★



プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ