02 10

パンケーキデー

IMG_5943_201602100805410d9.jpg


イースターの行事の一つであるパンケーキデー。

日にちは年ごとに移動するのですが
今年2016年のパンケーキデーは、2月9日でした。

パンケーキデーとは?
シュロウブチューズデーと呼ばれる日で、
もともとは、イースターの前にある断食期間前に
卵やバターなど断食の間に食べられない食品を使い切るために
パンケーキを作って食べたといわれています。

イギリスのパンケーキは、
フランスのクレープのように薄くて少し大きめ。
その上に砂糖とレモン汁を振りかけてから
くるくると巻いて食べるのがごく一般的。

とはいえ、
最近ではアメリカ風、いやスコットランド風?の
少し厚みにあるパンケーキを食べることも多くなりました。

今年は、
ナイジェラローソンの「Nigella Express」からのレシピを挑戦。
ホームメイド・インスタントパンケーキです。
本の写真をみると
スコッチパンケーキのような形をしています。

こちらからレシピと写真がみられます!

この本は、忙しい毎日でも作れる
簡単、短時間料理。を紹介しています。
このレシピは、
あらかじめ自家製パンケーキミックスを作っておいて、
朝食に卵と牛乳、溶かしバターを加えるだけでパンケーキができる。
ナイジェラらしい、
合理的、現代的なレシピです!

IMG_9899.jpg

IMG_9898.jpg
(本当は、直径8センチの丸型に焼きます!
急いで大きめに作ったら、オムレツみたいな形になっちゃった…・。)


結果:
4回分作れるパンケーキミックスのレシピを参考に
その4分の一量だけ作りました。
ミックスを作って、すぐに卵と牛乳も加えて、
フライパンで焼きました。

うーん。
ベーキングソーダの分量が多いような。
パンケーキに苦みが残ります。
すぐに作って食べる場合は、少し少なめにしたほうがいいかも。

ナイジェラの料理本には
パンケーキのレシピがよく登場します。
私もその中の一つをよく利用しています。

ナイジェラローソンのスコッチパンケーキ、レシピ。

********

昨年の春に、
大阪にある紅茶教室 S-Style Teaさんにて
イースターについてお話させていただきました★

その時に実演&試食していただいたのが、
イースターの時に食べる
イギリス風パンケーキです。

11103939_434569486701188_757663320_n_2016021007555714d.jpg
薄くクレープのように焼いたパンケーキに
カスターシュガー(グラニュー糖をさらに細かくした砂糖)を振りかけます。
その後にレモン汁を振りかけたら
くるくると巻いて、
ナイフとフォークでいただきます!

スミティー先生のお教室にあった
砂糖を振りかけるために使う
スプーンがかわいい★

11082740_434569360034534_527498275_n.jpg
おいしい紅茶と共にいただきましたよ~~。

11117539_434569336701203_344064250_n_2016021007555338b.jpg
(今風のイースター菓子、イースターエッグネストも実演。
鳥の巣に見立てたお菓子です。)

今年の春もS Style Teaさんでイベント予定です★
お楽しみに~!

【イベント告知】 英国の紅茶とお菓子を楽しむ会
3月27日 日曜日→ 参加ご希望の方募集中です★

【コラボ・イベント告知】 英国の地方菓子と紅茶とちょっぴりアンティークの会
3月29日 火曜日→ 満席・キャンセル待ちのみ受けたまっております。

沢山の方にお会いできるのを楽しみにしております~!




にほんブログ村 イギリス情報
スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★



プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ