07 29

ヴィクトリア朝の暮らし

少し前に、Cha Tea 紅茶教室さんの新刊本
「ヴィクトリア朝の暮らし」を日本から送っていただきました!

2557474.jpg

「英国ティーカップの歴史」と同じく、
かわいらしいイラストが表紙を飾っていますね。

ヴィクトリア時代って、
私たち日本人があこがれるイギリス文化が
いっぱい詰まった時代なんじゃないかなーと思います。
個人的には、チューダー時代のキッチンに興味のある私ですが、
やはり英国が華やかで洗練された文化となるのは、
ヴィクトリア時代なのでしょうね。

さてさて、
本の中でビートン夫人がまとめた「ビートンの家政書」に基づいて
中流階級の家で必要となる家政術を紹介しています。
お料理のメニューが多く載っているこの家政書は、
今私たちが読んでもなかなか役立つ内容で、
今でもビートン夫人関連のお料理本はたくさんあります。

Cha Teaさんの本の中で特に興味深かったのが、
ヴィクトリア時代になると鉄道の普及によって
ハネムーンを温泉地のバースや
海辺のブライトン、地方に住む人たちはロンドン。
と、旅行するようになったというくだりです。

2557441.jpg
ブライトンのクレストがついた陶器。
サクソニー社のもの。

いま、私が集めているクレスティッドチャイナも
ヴィクトリア時代の後期に、
旅行のお土産として人気だった陶器なのです。

2557467.jpg

いまでもブライトンのクレストはたくさん出回っているのですが、
当時、たくさんの人がブライトンに足を運んで
お土産として買っていた・・ということなのでしょうね☆
おもしろーい!

あと、イギリスではチャリティー活動が盛んなのですが、
どうして慈善活動が盛んになったのか。
というお話もあって、勉強になりました。
映画の「エマ」の中でも、
主人公が病気の女性のお宅にお見舞いに行くシーンが
出てきますよね。
なるほどーという感じです。

これから、また読み返して
ヴィクトリア朝のこと、もっと勉強したい思います☆

りつえ先生、どうもありがとうございました!

●お知らせ
英国のアンティークティーカップ&雑貨のご案内です。
W.H Goss社 アンティーク陶器のお人形「ブライドメイド」「アネット」

スポード チャイニーズローズのティーカップ&ソーサー

ミントン ソルト&ペッパー、マスタード入れ。

マーマイトのトースターラック
お気軽にお問い合わせくださいね。



にほんブログ村 イギリス情報
スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★



プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ