07 09

ヘンリーロイヤルレガッタに行ってきました。

今年の夏は、雨が少なくていいお天気が続いてます。
なかなかいい夏です。

さて、先日お世話になっている方からご招待を受けて
100年以上の伝統があるテムズ川のボートレース
ヘンリーロイヤルレガッタに行ってきました☆

まず、ヘンリーって????
というところから全く知識がなかった私・・・・。
ヘンリーはテムズ川沿いにある町の名前。

11692662_586878664788306_2112856388655509806_n.jpg

ヘンリー・ロイヤルレガッタ(レガッタ→ボートレース)は、
競馬のアスコット、テニスのウィンブルドンに並ぶ有名な屋外イベントで、
中央会場「シュチュワード・インクローザー」には
招待客しか入れないようになっています。

10547523_583534665122706_3635523566802070267_n.jpg
(シュチュワード・インクローザーの招待チケット。
このチケットを外から見えるようにお洋服につけて入場します。)

ここの招待されるには、メンバーとその招待客しか入れないので
イギリス人でも行ける人は限られているそうです。

で、ヘンリーのイベント自体を知らない人間が、
いきなりシュチュワード・インクローザーに招待されたわけですが・・・・・。

ヘンリーには、色々な約束事があります。
まず、ドレスコード。
男性はジャケット着用。
女性は、できれば帽子、ノースリーブでないひざ下のドレス、
胸の空いてないもの。
というような感じ。

会場内での携帯電話の使用は不可。(テクスト、写真を撮るだけならOK)
男性は、ジャケットを脱ぐことはできません。

これらの約束事を守らないと
すぐに監視役の方が飛んできて、
警告を無視するとそのまま強制退場、
招待チケットの番号から招待客にチケットを手配した人がわかるので、
それに関係している人は来年から参加ができなくなる・・
そうです。

(同行した方からシャンペンをすすめられたら、
くれぐれも断らずにいただくように!
との、お達しもいただきました・・・。)

という話を事前にきいてから
いざ当日。

11692699_583534818456024_9097053072124319843_n.jpg

午後からはいいお天気で
川沿いでボートレースを観戦したり、
アフターヌーンティーを楽しみました。
シュチュワード・インクローザーの中には、グリーンのデッキチェアが並べてあって
レースをのんびり観戦できます。

11738092_586879061454933_1375271162915669528_n.jpg
レースコースから外れた場所に、
色々なボートがみえました。

アフターヌーンティーは予約制で、
特設テントの中にあるテーブル席でいただきました。
3段重ねのトレーに、
サンドイッチ、スコーン、ケーキを載せてありました。
アイスコーヒー、紅茶が一緒にサーブされます。



招待客でなくても
シュチュワード・インクローザーの外にある野外フードコートや
お土産屋さんを探索。

11667388_583528375123335_2263096815217025098_n.jpg
ピムスを片手に川沿いを歩くのが楽しいです☆
若い方たちは芝生にブランケットを広げてピクニックしたり
駐車場に本格的なテントを張って食事をとったりと
いろいろな楽しみ方があるようです。

男性は、独特のジャケットを着ている人が多くて、
派手なストライプの柄が目をひきました。
帽子は小さめの麦わら帽子にリボンが付いているタイプ。
学生帽で、お年を召した方も当時から使っている帽子をかぶってくるんですよ。

11705288_586879391454900_4646904027716761106_n.jpg

女性は、聞いていたよりもオールドファッションな服装の方は少なくて
ノースリーブの女性も多々。
ドレス自体も思っていたよりも比較的カジュアルなもので大丈夫そう。
川沿いを歩くので、ハイヒールをはいてきて
かばんの中にペタンこ靴を持参している人がちらほらいました。
(私は最初から上品っぽいローヒールのサンダルで行きました・・・。)
帽子の方も、
派手なものはほとんどなくて、普通っぽい帽子をかぶっている女性が多かったです。
いろいろと勉強になりました☆

英国の伝統的なイベントに参加して、
古き良き英国に触れたような気がします。

次回行くことができたら、
ランチのシーフード料理もいただきたいです!

英国の暮らしとおやつ英国の暮らしとおやつ
(2012/06/01)
山口 もも

商品詳細を見る


楽天市場は →こちら



にほんブログ村 イギリス情報
スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★



プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ