06 01

ミルクジャクいろいろ

最近の新しい習慣。
それは、ティーポットを使って紅茶を入れるようになったこと。
ティーバックでもポットで淹れると、
とっても美味しいということに気づいてしまった。
そして、ポットで入れると必然的に
ミルクジャグも使うようになったのです。

トレイにポットとティーカップを置いて、
ミルクジャグものせて、テーブルに持っていく。
今までなかったお茶の楽しみかたです。

2508541.jpg
じゃーーん。
私のお気に入り3兄弟。

2508538.jpg
まずは手前にある小さなコロンとしたジャグ。
こちらは、エインズリーのワイルドバイオレット。
1~2人分のミルクが入る程度かな?
注ぎ口までの高さ:7センチ 口径;5センチ

2508536.jpg
ハマースレイのビクトリアンバイオレット。
背が高くて大きめのジャグ。
注ぎ口までの高さ:10センチ程度 口径:6センチ。
ビクトリアンバイオレット特有、持ち手のところのデザインがこっています。

2508543.jpg
こちらは。
村のバザーで買いました。
可愛いデザインだけど、ノーブランドに近いもので、
メイド・イン・チャイナ!
って、いつの時代のものなんだろう。。。
けっこう古いもの(1980年代ぐらい)に見えますが・・・・。
気品はありませんが、、
おとしてもショックを受けないお値段なので、
普段使いにぴったりでございます。

みなさんは、どのジャグがお好みですか?????
エインズレイとハマースミスのものは、
ご希望があれば同じものを探しますので、
お気軽にメールフォームからご連絡くださいね~!
ちょーーーーーう、可愛いです。



英国の暮らしとおやつ英国の暮らしとおやつ
(2012/06/01)
山口 もも

商品詳細を見る


楽天市場は →こちら



にほんブログ村 イギリス情報

スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★



プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ