01 21

バルセロナ旅行⑤ グエル公園

滞在4日目。
毎日晴天!
温暖な陽気の中
ガウディーが設計デザインを手がけた
グエル公園に行きました。

地下鉄のレセップス(Lesseps)駅で下車。
ガイドブックにはそこから徒歩20分と書いてあって
バスで行くように勧められていたので、
駅を降りて近くにいた警察官の男性二人にバス乗り場を訪ねると・・・

「歩いていく方が早いよ!徒歩10分、いや7分ぐらい!
この標識に沿っていけばいいよ。」
と、教えてくれました・・・。

本当か~~~~ぁ??
と、かなーーーり半信半疑でしたが、
天気が良かったので歩くことにしました。


驚くことに、
本当に10分ぐらいでつきました。
駅を出て右手にすすみ、
(茶色の標識が道順に沿ってあります。)

IMG_5662.jpg↑この坂道を登りきるとグエル公園。

車道沿いを少し歩いてから、
右折して坂を登ったところが、
グエル公園の左手にあたる入口でした。
中央入口に直接行くより、こちらの方がかなり早いかも。

IMG_5660.jpg
IMG_5658.jpg
IMG_5659.jpg
坂の手前の車道沿いにあったパン屋さん。
イギリスのものと商品がほぼ同じ・・。

IMG_5668.jpg
美しい景色を眺めながら、
10分ちょっとの散歩です。
どこもかしこも綺麗~~~。

IMG_5671.jpg

IMG_5674.jpg
思ったよりも早くグエル公園到着。

私たちは、この写真の一番左手下の入り口から入場。
ここはチケットなしで入れるエリア。
チケット売り場に長蛇の列で、
20~30分待ちとあったので、
「じゃあ先に丘に登って、
あらかじめ空いていると聞いていた右手のチケット売り場で
チケットを買って入ろうかー。」
と、のんきなことを言いながら、
丘の頂上まで散歩しました。
(このときにチケットを買っておくべきでした・・・・!)

IMG_5686.jpg
綺麗に整備された遊歩道で、
30分ぐらいで丘の上まで登れます。
12月30日ですよー、この日!
お花がそこらじゅうに咲いてて、
日本の秋ぐらいの陽気でした。

IMG_5688.jpg
大道芸人さん。
IMG_5685.jpg
オレンジ???レモン???
イギリスでは考えられない光景・・・・。

IMG_5692.jpg
頂上につきました。
いい眺めですー。

ここは、広場になっていて
ベンチもたくさんあるので、
軽食を持ってくればゆっくりくつろげますよ。

(なぜか、若者から写真を撮ってもらえませんか?
と、異様にに頼まれる私・・・・・・。
スマートフォンを渡しても安全そうだから・・・・・・????)

IMG_5699.jpg
IMG_5690.jpg

IMG_5701.jpg
公園内のいたるところに
ガウディーがデザインした石垣や
トンネル?がありました。

IMG_5702.jpg

さて。
ここまでは順調でした。
丘を下りてきて、そのまま公園右手にある
チケット売り場に行くと、
確かに混んでいませんでした。
5分ぐらい並んでいると、
係の人がやってきて、
「今からチケット買う場合は、
4時以降のものになります。」
と、いうじゃーないの!
いま、まだ1時よ??????
えぇ~~~~~~~~~!!
でも、ここまで来て中を見ないで帰るわけにはまいりません。

チケットマシーンのところまできて、
係の女の子がチケット購入を手伝ってくれるのですが、
あれ・・・・・、
4時半のチケット(4人分)しかありません・・・・。
って、言うんだよーーーーー!
私の後ろに並んでいた日本人二人の女の子は
3時半のチケットが買えた模様。
一足違いで、1時間後のチケットになってしまうとは……。
がーーーーーん。

とうわけで、
グエル公園のチケットは、
あらかじめ購入していくか、
ついたらすぐに買うことをお勧めします。。

後3時間もあるため、
公園を出てすぐにあるカフェでお昼にしました。

日本で言う、
観光地にある食事どころ、サービスエリアのレストラン。
みたいな気軽なところです。

IMG_5709.jpg
海鮮のフリッター。
(なんか塩味が強かった。
昨日、お昼に行ったセルベリア・カタルナが
イカに美味しかったかよくわかる・・・。)

IMG_5710.jpg
ボロネーゼ。

IMG_5711.jpg

(パエリアも頼みました。一皿頼むと二人分がでてきます。)


〆に、コーヒーとチョコケーキ。
スペインでは、
アメリカンコーヒーのようなものはほとんどなくて、
コーヒーは、
エスプレッソコーヒーが出てくるので、
コーヒーのミルク入り(Cafe leche)。と頼むと
カフェラテが出てきます。

IMG_5712.jpg
味に比例して、安い!

お昼もゆっくり食べました。
でもまだ3時!
あと、1時間半もあるーーーー。
いくら、のんびり旅行といってもね・・。
な、わけで、
4時まで各自自由行動し
昼寝をする人、
遊ぶ人、
ストリートミュージシャンの音楽を楽しむ人。
と、おのおの時間を過ごしました。。

次回は、
グエル公園の有料区域内のお話です。


英国の暮らしとおやつ英国の暮らしとおやつ
(2012/06/01)
山口 もも

商品詳細を見る


楽天市場は →こちら



にほんブログ村 イギリス情報
スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★



プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ