01 17

バルセロナ旅行③

では、カサ・バドリョの中へ入ってみましょう~。

IMG_5560.jpg

IMG_5567.jpg

IMG_5569.jpg

生き物を表現している?ということで、
流線型のデザインになっています。

IMG_5580.jpg
ガウディーのデザインならではの、
色鮮やかなタイルが中庭にもありました。

IMG_5588.jpg
この建物が住居として使われていたころの
写真が展示されています。

IMG_5594.jpg
魚のイメージ。

IMG_5607.jpg
途中の階にあるお土産ショップ。
絵葉書、置物、欲しいものがいっぱい。

IMG_5608.jpg

IMG_5615.jpg

IMG_5617.jpg
私が一番いいなーと思ったのが、
青っぽいタイルを張ってあるこのエリア。
海の中にいる魚になったような気分に。

IMG_5633.jpg
屋上の煙突。

というかんじで、
あらゆるところに、
ガウディーの斬新な(ユニークというのかな。)デザインが施された建物でした。

IMG_5649.jpg
お昼は、
イギリス人の知人にお勧めされた、
セルベセリア・カタラナへ。

あらかじめ、12時半ぐらいに行くと空いているという情報を
聞いていたにもかかわらず、
(忘れてしまい)
2時ごろに行くと、
1時間待ち!(1時間後に戻ってきてと言われた。)
3時過ぎに戻り、それからしばらく待って、
やっとテーブルに座れました・・・。
どんだけ混んでいるんだ、、この店は。。。

IMG_5650.jpg
入口付近にカウンター席。↑
ここは並ばずに、あいている所に座る仕組みです。

テーブルに座ったら、
料理を選んで注文します。

テーブルでメニューも見ると
英語版もあったのですが、いまいちどんな料理なのかわからず
結局、カウンターへ行って、
あれと、これと、あれと、、
と、指でさして注文。
(結局、注文しすぎてしまいました・・・。)

さらに、
あまりの空腹に、食べ物の写真を撮る余裕がなかった!
IMG_5653.jpg

総評【4人分を頼みました。】

カウンターに置いてあったリゾットが
小さな陶器の皿に入っていたので2枚頼んだら、
かなりの量だった!
色々頼んでとりわけるなら、1枚で十分かも。

全体的に繊細な味付けで、
魚が新鮮なので、やわらかめに程よく火がとおしてあり
海鮮料理(イカ、たこ、エビ、ムール貝など)はどれもおいしい!

とりあえず、2種類ぐらいを1皿ずつ頼んで、
ゆっくり食べて楽しむ方がいい。
テーブルに座ってしまえば、
注文した料理はすぐに出てきます。
お酒が飲める人なら、かなーり長い時間いられるかも。

ちなみに、
このお店の近くの通りには、
ZARA
ZARA HOME
ウーマンズ・シークレット(インナーウエアのお店、かわいい!)がありましたよ。

英国の暮らしとおやつ英国の暮らしとおやつ
(2012/06/01)
山口 もも

商品詳細を見る


楽天市場は →こちら



にほんブログ村 イギリス情報

スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★



プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ