10 13

ブラムリーのクランブル 8月回帰編

IMG_5299.jpg
ずいぶん前の話に戻るのですが、
8月の終りに作ったクランブルのお話です。

今年は8月上旬から、
ブラムリーの未熟果を使って
お菓子の試作を繰り返していました。

今年のブラムリー記事はこちら。
今回で5回目となります。
ブラムリーとブラックベリーのクランブル考察。
ブラムリー近況報告
自信作!ブラムリーとルバーブのクランブル
ブラムリーとブラックベリーのクランブル 2014年版

私の住んでいる南イングランドでは
ふつう、9月に入ってから、
ブラムリーは大きく育ってくるのですが、
今年は例年以上によい天気が続いた夏だったせいか、
8月末には大きなブラムリーがちらほら。

IMG_5289.jpg
一つの木の中に、
大・中・小と
いろいろなサイズが混在しています。

IMG_5293.jpg
未熟果実は、
お尻が面白い形をしていますね。

IMG_5294.jpg
まだ大きくなりきっていない中サイズ。
虫食い、ありますが、
家で料理するだけなので、
気にしませーーん!

IMG_5292.jpg
ここまで大きくなれば、
通常サイズかな。
果肉は、未熟果実に比べると
かなりジューシーな感じで
ナイフで切り分けるときも
サクッという感じの硬さになってました。

いままで考えたことなかったけれど
未熟果実と比べると
いろいろ違う点があるなーと
勉強になった今年の実験でした。

IMG_5299.jpg
いつもは、
著書の「英国の暮らしとおやつ」
に載せているレシピ
(ブラムリーとブラックベリーのクランブル)で
作っているのですが、
今年は趣向を変えて、
具だくさん&クランブル大量の
ヘアリーバイカー(英国のTVシェフ二人組)のレシピを
参考に作り続けました。

IMG_5303.jpg

このレシピ。
味は美味しいんだけど、
焼きあがったときのブラムリーの硬さに
いろいろと苦戦。
食べられるけど、ちょっと硬いんですよ。

最初は、未熟果実だから
ブラムリーが硬く仕上がるのかなー…
と、思っていたのですが。

レシピのクランブルの分量が
多いので、フィリングに熱が通りにくい。
ということもあったのです。きっと。

今回は、熟したブラムリーのみを使いましたが、
前回同様に果肉はかなり硬めで
焼きあがりました!

このレシピで作るときは、
少しフィリングに火を通して
下準備しないと果肉が硬く仕上がる!
ということが判明いたしました。。

IMG_4842.jpg

でも、同じレシピでも
ブラムリーとルバーブで作ったときは、
柔らかめに仕上がったので、
フィリング全体に含まれる
水分の分量が関係している・・・?
ような気もします。

だから、未熟果実だったから
果肉が硬めに焼きあがったのか、
レシピのせいだったのか…
いまいちはっきりいたしません。。

来年は、
未熟果実を使い、
今まで使っていた自己レシピを使って
クランブルを作ってみようと思います。

さらに、今年挑戦した
ヘアリーバイカーのレシピでは、
フィリングは加熱処理の下準備をしてから
クランブル生地をのせてオーブンで焼いてみたい!

と、
自分への記録も兼ねて
ここに記して、
2014年のブラムリークランブル考察を終えたいと思います。

ブラムリー未熟果実への挑戦は、
来年も続きます!

英国の暮らしとおやつ英国の暮らしとおやつ
(2012/06/01)
山口 もも

商品詳細を見る


楽天市場は →こちら




にほんブログ村 イギリス情報
スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★



プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ