10 06

ブリストル観光

滞在中は、ブリストル動物園にも行きました。

ブリストルの街の中心地からバスで15分ほど。

IMG_5022.jpg
歴史ある動物園だそうです。

広い場所をとって動物を飼育&公開しています。
のびのびと暮らすゴリラの親子が人気でした。
子供用の野外アクティビティーも充実しているので、
お弁当を持っていけば、半日ぐらいは過ごせると思います。

そして、
シティーセンターにあるThe Georginan Houseへ。
ブリストルには無料の美術館がいくつかあるのですが、
ここもその一つとして紹介されていました。
比較的小さめのお屋敷です。

IMG_5070.jpg
入口から入ってすぐにある
ダイニングルームが素敵。

IMG_5075.jpg
部屋の向かい側はこんな感じ。

IMG_5081.jpg
窓際のほうには、
くつろげるような広いスペースもあります。

IMG_5083.jpg
上の階にあるベットルーム。
ちょっと驚いたのは、
夫婦のベットのすぐ隣に赤ちゃん用ベット(コッド)が
置いてあったことです。
イギリスでは、
大きなお屋敷には大抵子供部屋があるので、
赤ちゃんが一緒に寝ていた(?)としたら、
意外だなーと思ったのです。

今でもその習慣はあって、
赤ちゃんでも生まれたばかりを除けば、
夫婦の寝室とは別の子供部屋に寝かせる家が多いんですよ。

IMG_5084.jpg
地下に下りていく途中にあった
食器保管室。
ちょうど階段のランディング部分にあって、
スペースを有効活用してます。

IMG_5085.jpg
こういうベル、
ダウントンアビーに出てきましたよね!
地下の使用人に上から呼び出しがかかるときに
使うベル。

IMG_5094.jpg
そして、
私が一番興味があるのが、
キッチン。

IMG_5088.jpg
このキッチンは地下にあるのですが、
建物が坂の中腹にあるため
地下室でも窓から光が入るラッキーな構造。

IMG_5098.jpg
キッチンの隣の部屋は、
洗濯専用のお部屋になっていました。
なぜかそこに、
大きなお皿を並べることができる
棚?がおいてありました。
なかなか便利そうな収納方法ですよね。

IMG_5099.jpg
ジョージアンハウスのある通りから
大通りにでたところ。

IMG_5100.jpg
それから、
その坂を上って、
ブリストルミュージアムにも行きました。

ここは、
大人が見て回るには小さなミュージアムですが
展示の目玉として、
1階にアッシリアとエジプトの展示があります。

子供づれなら
恐竜や動物、クリスタルの展示があるので
勉強になるかも。

1階に広めのチャイルドフレンドリーなカフェがあるので、
一休みするのにぴったり。

この後は、
車で丘を上り、
ブリストルの観光名所
サスペンションブリッジに行きました。
(ブリストル動物権から
歩いてもいける距離だそうです。)

IMG_5110.jpg
車(←有料)でも徒歩(←無料)でも渡ることができます。

IMG_5112.jpg
サスペンションブリッジの近くには、
クリフトン・ビレッジという古くてかわいい地域があります。
おしゃれな個人商店がほとんどで、
カフェやパブなんかも多い。
次回行くときは、ゆっくり探索したいなー。

IMG_5119.jpg
車道の両側が遊歩道に。

IMG_5118.jpg
広ーい川。
谷になっています。

IMG_5136.jpg
そして、
橋を渡り切ったら、
なんとー、
虹が出ていました!

ブリストル滞在、
なかなか楽しかった。

また来たいです。

英国の暮らしとおやつ英国の暮らしとおやつ
(2012/06/01)
山口 もも

商品詳細を見る


楽天市場は →こちら




にほんブログ村 イギリス情報
スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

著書は、
「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★





mytaste.jp

プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ