08 25

ブラックトリークルのスコーン

ここ数年の間、
イギリス人のためにスコーンを作っていたので、
だんだん現地化・・・・していた私のスコーン。

サイズは、大きくなり直径7センチほど。
サルタナいりになり、全粒粉いりになり・・・。
と、どんどん重ーーいものへ変貌を遂げておりました。

でもね、
日本に住んでいる方のスコーンを見ると
すごく膨らんでいるでしょう??
あー、私もああいう風なスコーンを
久しぶりに作りたいなーと思いまして、
作ったのが、こちらです!

2208814.jpg
トリークルとシナモンのスコーン。
ナショナルトラストのレシピブックを参考に
アレンジしました。

プレーンフラワー(日本でいう薄力粉と中力粉の中間ぐらい)100%に
ブラックトリークルとシナモンいり。
レーズンはレシピになかったけどちょっと入れました。

2208812.jpg

220度で10分焼くというこのレシピ。
直径5センチの丸型で型抜きします。
普段、7センチを使っているので、
物凄く小さいスコーンに見える!!

が、メアリーベリーも
このサイズでクリームティー用のスコーンを焼いていたな…
(理由:一口サイズで食べやすい。
おなかいっぱいにならないから、他にもいろいろ食べられる。)
と、ふと思い出し、なかなかいけるかもと
期待大。

結果。
プレーンフラワー、
小さいサイズ、高温短時間焼成と、
色々な条件が加味されて、
むくむく膨らみました!

わーい。
こんなスコーンが食べたかったのよー。

2208816.jpg
焼きたてをさっそく試食。
半分に割って、いただきまーす。

型抜きして残った最後の生地を丸めたものは、
試食にぴったりね。

外はかりっ、
中はふっくら。
上品なお味でございます。

甘味は、ブラックトリークルとサルタナのみですが
けっこう甘いね。
甘いんだけど、
ブラックトリークルだから、
やさしい甘さ。
プレーンヨーグルトを添えて、
一緒に食べると甘酸っぱくて、ちょうどいい。
このスコーンは、直径5センチ型で作る方が
断然美味しいかと思います。



【山口もも お菓子レッスン・旅行案内】のお知らせ
新しくホームページを開設いたしました。
一人旅、お友達・ご家族と。皆様にあったプランをご提供致します★
ぜひこちらのページにも遊びに来て下さいね!
http://momoyamaguchi.com/

フェイスブックでお友達もしくはフォローしていただいている方のみ
ご予約を受け付けております★
どうぞよろしくお願いいたします。





にほんブログ村 イギリス情報


スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★



プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ