07 21

グーズベリーのジェリー作り

7月中旬。
今年はいい夏で、
いいお天気が続いています。
お友達のアロットメント(市民菜園)にあるグーズベリーは、
前回2キロ摘んだせいもあり、
そろそろおしまい。
残っていた実は、かなり熟していました。

2164712.jpg
枝から摘んだグーズベリーには、
お花の枯れた部分と茎がくっついています。
このしっぽと茎を取り除く作業に
少々時間がかかるのですが。。。

ブラムリーファンクラブのきたろうさんから、
いい情報をいただきました!

グーズベリーのジェリーです。
枝と花をとらずに作るレシピです。

こちらを参考にしました。
リバーコテージのウェブでみつけた
「ミント風味のグーズベリージェリー」です。
このレシピは、
ラムのローストに添えるミントジェリーを
グーズベリーで作ろうという趣旨のようです。
(お好みでラム肉のローストには
ミントジェリー以外でも、
ミントソースという甘みの少ないソースを添えます。)

IMG_4488.jpg
材料のホワイトワインビネガーと
ミント(スーパーで1.5ポンド。)の鉢植え。
ハーブは、こんな風にフレッシュハーブが
色々と野菜売り場に置いております。
葉っぱだけ摘みとった、袋入りもあります。

IMG_4484.jpg
まずは、グーズベリーと水、ミントひと束を
鍋に入れて30分ほど火にかけます。
(すでに崩れているグーズベリーは、
先日グーズベリーのチーズケーキ用に作ったフィリングを再利用。)

IMG_4489.jpg
茎もすべて投入!

IMG_4490.jpg
作り方がすごく豪快。

IMG_4491.jpg
30分ふつふつと火を通した状態。

ホワイトワインビネガーを加えてさらに10分弱火で加熱。

ここまでは、グーズベリーの煮込みみたいな
感じで、味見しましたが・・・・
大丈夫かぁ~~~このレシピ?????
と、半信半疑でした。

IMG_4495.jpg
が!
上の煮込みを
ゆっくりと2~3時間かけて漉したものがこちら。
今回は紫色のグーズベリーを多く使いましたが、
黄緑色で作っても同じように赤く仕上がるみたいです。

IMG_4496.jpg
グーズベリー液600ccに対して、
砂糖450グラムを加えます。
(レシピどおりに作って、1200ccの液体でした。)

IMG_4501.jpg
砂糖を加えると
さらに色が濃くなります。
これは、クインスのジェリーと一緒ね。
(最後にアクを取り除きます。)

IMG_4507.jpg
出来上がり★

ちょっと、不手際のため、
ジャムの瓶に以前のシールがくっついたまま…。
煮沸消毒したので、
細かいことは気にしな~~い!
(Tip treeのシールは、
スーパーマーケット自社ブランドのものと比べて
糊が頑丈。とれにくい。可愛いから良しとする。)

IMG_4508.jpg
全部でジャム瓶4つ+ひと瓶(3分の一ぐらい)出来ました。
もうちょっと煮込んで固めにするとちょうど4つ分できるのでは。

これね、
最初はどんな代物ができるかと不安もありましたが、
(レシピに出来上がり写真が載っていなかった。)
色はきれいだし、
おいしい!!!!!

フルーティーに甘酸っぱいんですよ。
ホワイトワインビネガーの酢の香りはかなり飛んじゃって、
いい感じに酸味が残っています。
作っている途中に味見したら、
そのままでおいしかったので、
これは、ジェリーにせずにコーディアル風の液体に仕上げて、
水(かお湯)で割って飲んでも美味しいな。
と、思いまして、少しゆるめに仕上げました。
お湯割りにして毎日飲んだら、
健康によさそうー。

レシピでは、瓶詰めする直前に
フレッシュのミントを刻んだものを加えます。
ジェリーをラムのローストに添えたい場合は、
ミントを加えて方が好さそうです。

ミントとグーズベリーのジェリー、
初夏の定番レシピに追加です。

ちなみに、グーズベリーだけでなく
レッドカランツで作るレシピも見つけました。
Redcarrant mint Jelly
ミントジェリーって、
本来はりんごをベースにつくるみたいですね。

このほかにも、いろいろあります。
秋になったら試してみよう★
●ブラムリーで作るミントジェリー「Mint jelly
●ナイジェラローソンのグラニースミスで作るミントジェリー「Apple and mint jelly


グーズベリーフールの写真とレシピは、
「英国の暮らしとおやつ」6月の章に載っています~。

英国の暮らしとおやつ英国の暮らしとおやつ
(2012/06/01)
山口 もも

商品詳細を見る


楽天市場は →こちら




にほんブログ村 イギリス情報

スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

著書は、
「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★





mytaste.jp

プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ