07 13

PYO(フルーツ園)でベリー摘み。

7月も中旬。
お友達が近くのピックユアオウン(PYO)に苺を摘みに行くというので、
運転手も兼ねて、ついて行きました。

広い敷地にいろいろな果物&野菜が植えてあります。
欲しい分だけ摘んで、
最後にレジで重さを量って、お支払します。

IMG_4359.jpg
いい景色~。
この場所は、大好きで夏になるとよく来てます。

IMG_4356.jpg
ブルーベリーの実。

IMG_4358.jpg
敷地が広いので、
どこに何が植えてあるのか
看板で表示してあります。

IMG_4363.jpg
日本の苺狩りとは違って、地面に直接植えてある。
しゃがんでせっせと苺摘み。

IMG_4373.jpg
自分で選んで好きなのを摘めるのが楽しいのよね。

IMG_4372.jpg
お天気の良い日に行くと、
苺が太陽で温まっていて、
甘さが倍増!
ほんとうに、おいしい。
少しつまみながら摘むのもPYOの醍醐味ね。
ちなみに、一番小さな入れ物3個分+メレンゲ一袋で
16ポンドのお買い上げ。

IMG_4377.jpg
お会計のために入口付近にある
ショップにもどると。
グーズベリーが並んでいました。
摘む時間がない人は、
こちらのショップに並んでいる商品を買うことができます。

IMG_4381.jpg
ブラックカランツ。
初夏になるとスーパーでも普通に売っています。
レッドカランツと一緒にフルーツサラダや
パブロアにする人が多いのでは。

IMG_4384.jpg
ブラムリーも発見。
このあたりで採れたものみたい。
行くたびに置いてあるので、
一年中、需要が多いのでしょうね。

IMG_4386.jpg
近隣で作られているクリーム類。
イギリスのクリームは濃厚でおいしい。
デザートにクリーム類が多いのもうなづけます。

IMG_4380.jpg
メレンゲもたくさん売っています。
私の友達も買っていました。

屋外シアターで
シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」を観劇しながら、
メレンゲにクリームとイチゴをのせて
ピクニックで食べるそうです。
めちゃくちゃ、イングリッシュですよねー。

IMG_4388.jpg
メレンゲは、イギリスのデザートに欠かせないお菓子。
イートンメス、パプロアなど夏によく食べられます。
こんな風にいろいろなサイズが売っていて、
ピクニックなどに手軽に持っていけるのも魅力。

IMG_4394.jpg

イギリスの夏は、楽しいことがいっぱい。
お外に出て、思いっきり夏も満喫しなくっちゃね。


イギリスの初夏、
PYOなどについては、
英国の暮らしとおやつでもご紹介しています。
グーズベリーフールのレシピもありますよ★

英国の暮らしとおやつ英国の暮らしとおやつ
(2012/06/01)
山口 もも

商品詳細を見る


楽天市場は →こちら

おまけ:
今日、ふらりと立ち寄ったお店で買った
ハンドバック。
2163232.jpg

ハンドスティッチがかわいい。
中のものが落ちないように、
ちゃんとジッパーがついているのもお気に入り。




にほんブログ村 イギリス情報

スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

著書は、
「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★





mytaste.jp

プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ