06 07

トルコの町、イズミールにて。

少し前に、地中海沿岸を旅行してきました。

イギリスは、暖かくなってきたといえども、
晴れたり、曇ったりと忙しいお天気。
太陽を求めて、地中海沿岸の国へホリデーに出かける人は多いのです。。

IMG_3609.jpg

その途中で立ち寄った、トルコにある街イズミール(Izmir)では、
地元マーケットに行って、
小物を物色。
そのあとで、カフェに入ってお茶しました。

私たちはランチは食べなかったのですが、
食べ物は、とにかくケバブが多かった。
お肉中心か・・・?とおもいきや、
ランチの時間になると、若者がサラダを山盛りにして
食べていました。

IMG_3608.jpg
路肩でパンを売っているのもよく見かけました。
この穴の開いているパンが、多かったです。
フランスパンの柔らかいタイプもありましたね。

IMG_3610.jpg
どこのお店も、お外に席をもうけてます。

IMG_3607.jpg
豆など乾物が置いてありました。
とにかく、文字が読めない!
現物を見て確かめるしかございません。。

IMG_3604.jpg
カフェがそこらじゅうにあります。

とあるお店で呼び込みをしていたので、
そこでお茶を頼むと

IMG_3613.jpg

こんな風なグラスに熱々の紅茶がでてきました。
甘味はなし。渋みが少しあります。
グラスは小さめで、
受け皿は、デミダスカップのソーサーです。

IMG_3611.jpg
じつは、最初にアップルティーを頼んだのですが、
そちらは観光客用のために
飲みやすい小さなデミダスカップに入っていました。
そのあと、サービスだよと言って、
こちらの紅茶がでてきました~。

フリーWifiのレストランやカフェが多いので、
とっても便利です。

IMG_3615.jpg

IMG_3618.jpg
その後、熱い砂の上で温めるというコーヒーをだすカフェにいきました。
この方法でコーヒーを入れているお店は他にもありました。

小さな入れ物にコーヒー豆をひいた粉をいれて、
お水(衛星面のためすべて市販の水使用)を注ぎ、
よくかき混ぜてから、
熱い砂の上に置いて10分待ちます。

IMG_3620.jpg
じーーーと、
このまま10分。

IMG_3628.jpg
コーヒーが出てきました~。
かなり濃そうです。

IMG_3629.jpg
フランス産のかわいいカップ。
近くの雑貨屋さんで、仕入れてきたものだそう。
(欲しかったら似たようなものが売っているよと教えてくれた。)

IMG_3630.jpg
おつまみにドライフルーツとターキッシュデライトが
ついてきました。
(あと、小さな市販のお水もついてきた。)

お味ですが、
見た目よりも苦みがなく、
まろやかでミルクなしてもおいしい!
さらに、ターキッシュデライトが、
イギリスで売っているものとはちょっとちがいまして、
白い色をしたやわらかいお菓子でした。
甘味もほどよく、
そのまま食べても美味しくいただけました。
コーヒーによく合いますね。
こうやって食べるお菓子なのですねー。

IMG_3627.jpg
ここのカフェももちろんお店の外に席が並んでいます。
そこから見えた看板。

じつはー。
わたくし、10分待って出てきたコーヒーを
飲もうとしたら、カップが傾いて、
熱々のコーヒーすべてこぼしてしまいました~~~~!

そしたらですね、
お店の方(←男性)がすぐに出てきてくれて、
紙ナプキンと、やけど用のクリームを持ってきてくれました。

さらに、もう一回コーヒーも淹れなおしてくれました。(←女性)
雑貨屋さんなど
色々なお店に行きましたが、
どのお店の人も親切でした。

最初、港に着いた時は、
いろんなタクシーの運転手さんが近寄ってきて、
一日観光コースやら、セールスがものすごくて
すごい所に来てしまった・・・・
(女の子一人で出歩くのは、あんまりお勧めしないです。)
と、圧倒されたのですが、
そこを過ぎて、オールドマーケットについたら、
みんな穏やかで優しいのです。

次回へ続く。




英国の暮らしとおやつ英国の暮らしとおやつ
(2012/06/01)
山口 もも

商品詳細を見る


楽天市場は →こちら





にほんブログ村 イギリス情報
スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

著書は、
「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★





mytaste.jp

プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ