03 16

アップルケーキを焼く ブレイバーン編

引き続き、アップルケーキの話です。

今回は、第1回目に焼いたアップルケーキと同じレシピを
ブレイバーン3個で焼きました。

焼き比べた感想は、
ゴールデンデリシャスの方が
酸味が強くて果肉固めのせいが、
食感、酸味の具合がこのケーキにはあっているような気がします。
どちらでも美味しいですけどね。

1849949.jpg
お友達から小さく焼いてほしいと頼まれたので、
20センチ丸型1台分の分量で
6個に分けて小さくしました。

sapplecakepicture.jpg
ちなみに、
20センチ型で焼くとこうなります。

このアップルケーキのレシピはちょっと変わっていて、
バターと砂糖をクリーム状に混ぜてから卵を少し多めに加えて、
胡桃もたっぷり加えます。

水分が多いせいか、なかなか火が通らないのですが、
1時間程度焼けば、大丈夫。
表面にりんごをたっぷり敷き詰めてやくので、
不思議と表面が焦げません。

1849947.jpg
型が小さいため、
今回のブレイバーンは、
サイコロ状にカットしました。

1849952.jpg
じゃーん。
美味しそうに焼けました。

この型はアメリカ製で、
ノルディックウエアーという会社のケーキ型。

かなり厚手の型なので、
綺麗に焼ける。
お気に入り★

りんごがゴロゴロ入っています。
蒸しケーキ風に水分多めのケーキなので、
冷蔵庫に一日置いてから食べるとおいしいです。

1849950.jpg
今日のおやつは、アップルケーキとミルクティー。
優しい甘さのお菓子です。


英国原産のりんごで作るイギリスのお菓子、
ブラムリーアップルケーキのレシピは
「お菓子を習いに英国へ」にて載せています。


ブラムリーが手に入らない時期は、
生食用のりんごにレモン汁をふりかけてから
焼きこんでみてくださいね。

お菓子を習いに英国へお菓子を習いに英国へ
(2006/10)
山口 もも

商品詳細を見る


楽天市場ではこちら⇒「お菓子を習いに英国へ


★お知らせ★

フェイスブックを始めました。


「山口もも」でお願いします。momoyamaguchi716で検索すると出てきます。


クインス(マルメロ)の写真が私です。
気に入った記事や写真などをピックアップしていきたいと思っています。
どなたでもコメントできますので、お菓子やイギリス生活のことなどで
交流し合える場となればいいと思います~。



にほんブログ村 イギリス情報
スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★



プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ