02 16

大英博物館、つづき。

大英博物館の続きです。

マヤ文明の後にやってきたのは、
アフリカ。

こちらは、
地下1階でスーパーマーケットのセインズベリーのコレクションだそう。

1794610.jpg

1794609.jpg
仲の良い友人で、タンザニア出身の女性がいるのですが、
彼女は鮮やかな色のスカートとかバンダナをよくつけていて、
とても似合っています。

だから、アフリカといえば明るい色という印象が強かったのです。
こんかい、いろいろな展示を見て、
ほう~アフリカには、大地の色のような織物が
あるんだ・・と。
日本の織物にちょっと似ていませんか?

1794612.jpg

16世紀のナイジェリアより、
鉄製の壁飾りです。

1794613.jpg
アフリカのものは、
モチーフに人がおおい。
人間の生きる力、身体能力が他の地域よりも強かったからかな?

1794615.jpg
大ホールにあるお土産屋さんで、
アフリカの楽器買いました。
雨のしずくが落ちるような、素敵な音がします。


IMG_2497.jpg
この後は、
アッシリア帝国の大きなレリーフをみました。

IMG_2499.jpg
物凄い大きな石に絵が彫ってあって、それが長い廊下にずらりと
並んでいます。圧巻です。

IMG_2493.jpg
こちらも、絵巻みたいに
ずら~~~っと、並んでいます。
(これは、どの時代かな。。。メモしてきませんでした。)

IMG_2496.jpg

ロゼッタストーンを見ようと迷っていたら、
荷物を預かってもらえるカウンターの前に
たどり着きました。。
IMG_2500.jpg
さりげなく、
お土産がここにも売っています。
こういう、記念もの欲しくなりますよね~。

IMG_2502.jpg
外に出たら、快晴。
気持ちいい天気でした。


★おしらせ★

4月12日の英国の紅茶をお菓子を楽しむ会
まだまだ参加者受け付けております!
詳しくは、
こちらのページをご覧ください。

参加ご希望の方は、
当ブログのメールフォームより
ご連絡お願いいたします★

★お知らせ★

フェイスブックを始めました。


「山口もも」でお願いします。momoyamaguchi716で検索すると出てきます。


クインス(マルメロ)の写真が私です。
気に入った記事や写真などをピックアップしていきたいと思っています。
どなたでもコメントできますので、お菓子やイギリス生活のことなどで
交流し合える場となればいいと思います~。

にほんブログ村 イギリス情報
スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

著書は、
「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★





mytaste.jp

プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ