01 18

りんごのお酒とブラムリーで作るサイダーケーキ。

きょうは、りんごのお酒サイダーでつくる
サイダーケーキのご紹介です。


s020.jpg
このケーキは、
サイダーに浸したドライフルーツを
たっぷりを焼きこんだフルーツケーキ。

クリスマスや結婚式にたべるフルーツケーキよりも
ドライフルーツの量は控え目なので、
焼きあがったケーキは、
英国の伝統的フルーツケーキ(こちらはドライフルーツたっぷり。おいしい。)
よりも軽めでやわらかい。
お茶菓子として、紅茶によく合うケーキです。

サイダーは、りんごの栽培に適していた
南イングランド南西部で古くより作られていたお酒。
今でもたくさんの英国産サイダーが製造されています。

北野佐久子さんの幸福なイギリスの田舎暮らしをたずねて
によると、
イギリスで最初にサイダーが作られたのはドーセット州なのだとか。
さらに、北フランスからやってきた修道僧の影響をうけて
サイダーが多く作られてきたという興味深いお話がありました★



南イングランドの果樹園では、
その年のりんごの豊作を願って、
1月17日の
オールドテュウェルフスナイト(旧暦の十二夜にあたる日)に、
ワッセイリングというお祭りしました。
いまでもこの風習は残っていて、
へレフォードシャー州などでは盛大に行われています。

話はサイダーケーキに戻り、、

1755968.jpg
このケーキには、
すりおろしたブラムリー(英国原産のクッキングアップル)を加えます。
酸味の強いクッキングアップルで作る方がおいしいけれど、
なければ、赤いりんごでも大丈夫です。


1755971.jpg
サイダーとドライフルーツ、ブラムリーのおかげで
しっとりとしたケーキに焼きあがります★

と~っても美味しいので、
ぜひお試しください~!

ちなみに、
日本では(イギリスで呼ばれている)サイダーという名前でなく、
フランスのシードルという名前で広く知られています。



サイダーケーキのレシピと
ワッセイリングのお話は、
「英国の暮らしとおやつ」1月の章に載せています。



oyatsu_cover_obi_201310242033449ae.jpg




英国の暮らしとおやつ英国の暮らしとおやつ
(2012/06/01)
山口 もも

商品詳細を見る


楽天ブックスはこちら→「英国の暮らしとおやつ」


★お知らせ★

フェイスブックを始めました。


「山口もも」でお願いします。momoyamaguchi716で検索すると出てきます。


クインス(マルメロ)の写真が私です。
気に入った記事や写真などをピックアップしていきたいと思っています。
どなたでもコメントできますので、お菓子やイギリス生活のことなどで
交流し合える場となればいいと思います~。


にほんブログ村 イギリス情報
スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★



プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ