01 28

クリスマスのお菓子2013

1月になっても、クリスマス用に買ったり、
いただいたお菓子が
いまもキッチンにたくさんある家は多いのではないでしょうか・・・。

1748177.jpg
こちらはクリスマスストッキングによく入っている
聖ニコラウス(サンタクロース)のチョコレート。
15センチぐらいはあって、チョコの中は空洞。

私は昨年までこのチョコレートはクリスマスプレゼント用にあるものと
思っていたのですが、
他の国では聖ニコラウスの祭日にこのチョコレートを子供たちはもらえるそうで。
国によっていろいろな習慣があるんだなーと
改めて思いました。

1748169.jpg
毎年みかけるミスターキプリングのミンスパイ。
市販のミンスパイは、パイ生地もとにかく甘いので、
これを食べるとおなかがいっぱいになります!

12月の初めごろだったでしょうか。
ランチの前に
知り合いのお宅でミンスパイを二つとコーヒーをいただいたら、
おなかがいっぱいになってランチを食べられませんでした。。
そのくらい、ボリュームがあります。

1748173.jpg
マークスアンドスペンサーのクリスマスケーキとクリスマスプディング。
クリスマスケーキは、フルーツケーキの周りに白いアイシングがないタイプ。
アイシングが苦手な人には嬉しいタイプです。

クリスマスプディングは鍋で蒸すか、電子レンジで温めなおしてからいただきます。

1748165.jpg
クリスマスプレゼントにいただいたお花。
ヒヤシンスの寄せ植えに周りに小さなりんごが飾ってありました。

しばらくしたら白いヒヤシンスが咲いていい香り。

1748161.jpg
マークスアンドスペンサーでみつけたクリスマス用のお花。

紫色のお花にシルバーのスプレーが吹いてあります。

1748157.jpg
そして。
クリスマス前のテレビガイド。
クリスマスから年明けまでは映画が多いのですが、
年明けから始まったシャーロックの記事もよくみかけました。

実は私、いままでのシャーロックシリーズは一度も見たことなかったのですが、
日英色々な方から、面白いというお話を聞いていたので、
今シリーズから見始めました。
確かに面白いですね!

1748180.jpg
駄菓子のひとつ。
ラブハート。
包みの中にラムネみたいなお菓子がいくつか入っています。
見たことある方、多いのでは?

1748187.jpg
次にクリスマスの風景も見るのは
今年の12月かぁ。

今年はどんな年になるのでしょうか。



oyatsu_cover_obi_201310242033449ae.jpg




英国の暮らしとおやつ英国の暮らしとおやつ
(2012/06/01)
山口 もも

商品詳細を見る


楽天ブックスはこちら→「英国の暮らしとおやつ」


★お知らせ★

フェイスブックを始めました。


「山口もも」でお願いします。momoyamaguchi716で検索すると出てきます。


クインス(マルメロ)の写真が私です。
気に入った記事や写真などをピックアップしていきたいと思っています。
どなたでもコメントできますので、お菓子やイギリス生活のことなどで
交流し合える場となればいいと思います~。

にほんブログ村 イギリス情報
スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

著書は、
「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★





mytaste.jp

プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ