12 26

クリスマスの小物

クリスマスは、楽しく過ごされましたか?

といっても、日本にいたころは普通に仕事していたし、
独立して一人暮らししていれば、平日と同じですよね・・・。

こちらは、家族で集まって家にずっといるのが普通なので、
日本のように恋人同士でどこかへ行って
プレゼントを贈り合うというような習慣はありません。

みんな家にいるので、外はとても静かです。
25日、26日は祝日。そのあとも新年まではクリスマスモード。
年が明ければ、学校も普通に始まりますが、
正式には、1月6日のエピファニー(公現日。東方の3博士の来訪を祝う日。)までを、
クリスマスの12日としています。


1702430.jpg
数年前に買ったキャンドルホルダーが付いた置物。
幾年たっても、やっぱりかわいいなぁ。

こうやって、同じものを毎年毎年、しまったり出したりして、
年を重ねていくんでしょうね。

1702426.jpg
こちらはフェルトでできた小さなツリー。
簡単なつくりで、手作りできそう。

1702433.jpg
クリスマスカードいろいろ。
3人の博士のデザインも多いんですよ。

1702435.jpg
マークスアンドスペンサーのビスケット詰め合わせ2010年のもの。

毎年缶が欲しくて買ってしまう、マークスアンドスペンサーの缶入りビスケット。
今年は(お店に行く機会がなくて)まだ買っていません!

もうね、家に缶がいっぱい並んでいて、
可愛いから飾っておきたいけれど、何を入れようか・・・。
増えるたびに考えています。

1725552.jpg
2013年のキャスは、こんな包装紙。
自分で、自分用のクリスマスプレゼントを買いました~。





英国の12月の様子は、
「英国の暮らしとおやつ」12月の章もぜひご覧ください★

oyatsu_cover_obi_201310242033449ae.jpg




英国の暮らしとおやつ英国の暮らしとおやつ
(2012/06/01)
山口 もも

商品詳細を見る


楽天ブックスはこちら→「英国の暮らしとおやつ」


★お知らせ★

フェイスブックを始めました。


「山口もも」でお願いします。momoyamaguchi716で検索すると出てきます。


クインス(マルメロ)の写真が私です。
気に入った記事や写真などをピックアップしていきたいと思っています。
どなたでもコメントできますので、お菓子やイギリス生活のことなどで
交流し合える場となればいいと思います~。

にほんブログ村 イギリス情報



スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

著書は、
「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★





mytaste.jp

プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ