11 11

ホビス食パンの故郷、シャフツベリーへ行く

イギリスの食パン、ホビスをご存知でしょうか?

もともとホビスは、「麦芽入りで栄養価の高いパン」として1800年代の後半に売り出された健康商品でした。それから100年以上たった今でも、イギリスを代表する食パンメーカーの一つとして人気があります。


このホビスが、1970年代にテレビコマーシャルの舞台として選んだゴールドヒルという坂道が、
ドーセット州にある小さな田舎町シャフツベリーです。

1644506.jpg
シャフツベリーの町中にあるゴールドヒル。

そのコマーシャルを、簡単に説明しますと…。
パンを自転車で配達する男の子が、自転車を押しながら坂をを登るのですが、
ゴールドヒルの風景と、美しい男の子、ノスタルジックな音楽、ナレーションの組み合わせがとってもいいのです。

CMは、こちらから見られます。

この映像は、たくさんの方の心をとらえたようで、2006年の時点でも英国人が愛するテレビコマーシャル1位に輝くという人気。この作品を手がけたリドリースコットは、当時は今ほど知られていませんでしたが、のちに映画エイリアンやグラディエーターで超有名な映画監督になりました。
このコマーシャルのおかげで、ゴールドヒルは一躍有名な観光名所、さらには高級住宅地となっています。

P1010003_201311071909245fe.jpg
町のティールームに貼ってあった新聞記事。



シャフツベリーには、2004年と2005年に行きました。
2004年に行った時には、連れて行ってくれた人が「ここが有名なゴールドヒルだよ!」
と、嬉しそうに教えてくれました。
また行きたいなぁ。

2度目は、ソーズベリーからバスで向かいました。
バスだと1時間ちょっとの道のりなんだけど、
小さな村を抜けて、丘を抜けて、ドーセットの美しい景色が可愛いんだよね。

1643616.jpg
ゴールドヒルの中腹にある家。

1973年のCMとほどんど変わらない景観を保っています。
このためにホビスから巨額の寄付金も支払われました。

1643612.jpg


ゴールドヒルからさらに上った所にハイストリートがあります。

1643599.jpg
教会の横にあるタウンホール。

町には、古いタウンホール(週1でマーケットあり)、教会、ゴールドヒル、小さな美術館も。
片田舎の町なので、お洒落なお店は少ないですが、
ティールームあり、八百屋あり、歩いてみて回れます。

1643597.jpg
この八百屋、かわいいでしょ~~~~!
たしか、ツーリストインフォメーションセンターの近くにあったと思う。

1644513.jpg

散歩しながら、半日ぐらい観光すると楽しいと思います★

この町は、「お菓子を習いに英国へ」で紹介しました。
本では、南イングランドの小さな町をいくつか取り上げてます。

1644560.jpg

英国で今も食べられている食後のデザートと、お茶の時間に食べるケーキ、お祝いのお菓子のレシピも。
私も家で作るお菓子は、たいていこの本を広げて作ってま~す。
ティールームで作っていた、キャロットケーキのレシピは
特にお勧め!
いまでも、村のチャリティーマーケットやらクリームティーへ持っていくと人気の一品★

あ、日本で作る時には、ベーキングパウダーはアルミニウムフリーのものを使ってください。
そうしないと苦味が残ります。(イギリスのベーキングパウダーにはアルミニウムがはいっておりません。)

お菓子を習いに英国へお菓子を習いに英国へ
(2006/10)
山口 もも

商品詳細を見る


楽天ブックスはこちら→「お菓子を習いに英国へ」


表紙のカバーを取ると、ライの手描きマップが出てくるおまけ付き!

1644589.jpg

ライにあるピーコックというティールームのイラストをお借りしました★
ピーコックはハイストリートから教会へ続く道にあります。
この通りには、他にも素敵なパブや、ティールーム「サイモン・ザ・パイマン」もあるよ。
ライの町については、別の機会に更新しますね★

★お知らせ★

フェイスブックを始めました。


「山口もも」でお願いします。momoyamaguchi716で検索すると出てきます。


クインス(マルメロ)の写真が私です。
気に入った記事や写真などをピックアップしていきたいと思っています。
どなたでもコメントできますので、お菓子やイギリス生活のことなどで
交流し合える場となればいいと思います~。

にほんブログ村 イギリス情報
スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

著書は、
「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★





mytaste.jp

プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ