11 13

焼きたてがおいしい?ブラムリーアップルパイ

1612493.jpg

今年は豊作だったブラムリー。
あれだけいっぱい実った緑色のりんごですが、
もうほとんど木についていません。

1632351_20131110073542db2.jpg
今年は例年以上にアップルパイをつくりました。
材料のブラムリーは、ご近所のお庭でとれたもの。
木の手入れをほどんどしていませんでしたが、秋にはたくさんのりんごが実りました。
彼女の家ではそれほどりんごを消費しないため、
大きめのりんごから摘んで、
風でりんごが落ちると拾う。という感じ。

とっても几帳面な人で、
もう一個でもブラムリーを無駄にしたくない!
という情熱に燃えたぎってました。。
りんごは、家族、親戚、仲の良いご近所、お友達におすそわけ。
「もーー、りんごを摘むのにいそがしいのよ~~~~!」
って、よく言ってました。
もちろん私にもたくさん譲ってくれたので、本当にたすかりました。

そんなにたくさんりんごがあるなら、マーケットに行って売れば?
と、冗談半分で提案したら、
「私は自分の好きな人にしかこのりんごはあげないの!
知らない人に売るつもりはないわ!」
だって。
なんか、かわいい人だなと。

1637969.jpg
ご覧のとおり、大きさバラバラ。
自然に育つとこういう風になるんだねー。

不思議なもので、最初にいただいたりんごにはまったく斑点はありませんでした。
この写真のりんごは、シーズン最後に摘んだもの。
ぽつぽつと茶色い斑点がみえますね。

長く木についていた分、虫に食べられた?りんごが痛んだ?ということでしょうか。
でも皮をむくと、中はほとんど傷んでいません。

1637970.jpg
皮をむく前に水洗い。

1637971.jpg
まずは、フィリングを作ります。
皮をむいて5ミリ程度にスライス。鍋にバターを溶かしいれ、りんごと砂糖を加えて少し加熱。
(このまま食べても十分おいしい。)

私は今まで、ティールームで働いていた時に習ったやり方でフィリングを作っていました。
りんごの果肉がに崩れないように軽くバターと絡めて、砂糖を加える方法です。
こうすると、オーブンで焼いた後もりんごの形が残っています。
わたしはりんごの形が残っている方が好きなので、ずーーっとこの方法で作っていたのですが、

今年はちょっと方針変更。
果肉の半分は煮崩れるまで火を通しました。
最後にコーンフラワー(日本だと片栗粉だと思う)を加えて、りんごと煮汁を固めます。
使うまで冷ましておきましょう。

ペイストリー生地は、美味しい有塩バターで作ります。
パイ生地はいたってシンプルな味なので、素材の味がストレートに出ます。

1638016_20131110074558dc1.jpg


オーブンで30分ほど焼いたらできあがり。
熱々の焼き上がりを楽しむ方も多いと思いますが、
(周りで作っているのを見ている人は焼きたてを食べたいんだよね。)

私は一晩おいて翌日に食べるほうがすき!

その方が、りんごの酸味が落ち着いてまろやかになるし、ペイストリー(生地)もしっかりと形を戻して、ぼろぼろ崩れません。
飾りとして粉砂糖を軽く振ると可愛いよ。


では、焼いてすぐと翌日ではフィリングがどう違うのか検証してみましょう。
(フィリングのりんごは、半分ほど形が崩れるまで火を通した場合。)

1641198.jpg

こちらは焼いてから10分ほど冷ましたのちカットした物。

1641199.jpg

パイが熱いうちにカットすると、フィリングは熱々でとろりとしています。
パイ生地はまだサックサック。
熱々のうちに食べるか、冷ましてから食べるのか・・。

これは、その人の好みですね!


1637979_201311100746001ec.jpg

↑こちらは焼いた翌日にカットしたもの。
ね、フィリングはしっかりと固まって、底の生地がちゃんとみえるでしょ?
わたしは、こっちの方が粉の味がしっかりとして好きなんですよ。

1ピースずつにカットしてから、電子レンジで30秒ほど温めていただくとおいしい。
クロテッドクリームやアイスクリームを添えていただきま~す。

1638004.jpg
秋の夜長。
ある日の夕食のデザート。
ブラムリーの酸味と、濃厚なクリームが絶妙に合います。



ブラムリーってなんだろう?
と、興味をお持ちの方は、ぜひこちらのブログをご覧ください~。
ブラムリーファンクラブ
日本発、ブラムリーの愛好会です。
ブラムリーの生い立ちから、日本での購入先まで幅広く取り上げています。
ツイッターやフェイスブックでも情報発信中です★

1651202.jpg
11月上旬、隣村のりんご(イーティングアップル・赤りんご)は
只今豊作。


アップルパイのレシピは、
「英国の暮らしとおやつ」に載せています。
わたしも家でこの本を広げて、このレシピどおりに作ってますよー。
日本なら、材料の小麦粉には中力粉を使うとイギリスで作ったものに近いペイストリー(生地)になるかも。
りんごは、ブラムリー(半分はデザートアップルにしてもおいしい)で作ってみてください!!

oyatsu_cover_obi_201310242033449ae.jpg

秋のりんごのお話や、
ブラムリー&ブラックベリークランブルのレシピもあります。


英国の暮らしとおやつ英国の暮らしとおやつ
(2012/06/01)
山口 もも

商品詳細を見る


楽天市場はこちら→「英国の暮らしとおやつ」


★お知らせ★

フェイスブックを始めました。


「山口もも」でお願いします。momoyamaguchi716で検索すると出てきます。


クインス(マルメロ)の写真が私です。
気に入った記事や写真などをピックアップしていきたいと思っています。
どなたでもコメントできますので、お菓子やイギリス生活のことなどで
交流し合える場となればいいと思います~。

さらに!
只今ナショナルジオグラフィック日本版「世界のおやつ探検隊」にて
世界のお菓子総選挙を開催中。
英国のお菓子キャロットケーキもエントリーします。
(11月18日に登場予定。)
詳しくは、フェイスブック「ナショナルジオグラフィック日本版」もしくは「世界のおやつ探検隊」をご覧ください。


にほんブログ村 イギリス情報



スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★



プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ