11 22

クインス(マルメロ)のジャム

11月は、私の中でクインス月間。

過去の記事はこちら→「クインス(マルメロ)との出会い」

最近では温暖化もあって、10月ぐらいには実を摘むのですが、
もともとは、冬に入るちょっと前に、黄色く熟したクインスを摘んでいたようです。

1658074.jpg
その証拠に、イギリスの料理書を読む限りでは、クインスの旬は11月なのです。

1623879.jpg

さーて。
たくさん手に入ったら、長期保存できるジャムにします。
クインスにはペクチンがいっぱい入っているので、短時間でジャムにできるという利点もあり。

もともとイギリスではマーマレードをクインスで作っていたそうです。
ビクトリア時代には、人気の果物の一つでした。

1619430.jpg

クインスのジャムとヨーグルト。
クインスのジャムはオレンジ色で杏のような味がします。
酸味はないので、私はヨーグルトと食べるのが好き。

日本から遊びに来た友人は、クインスジャムがとても好きだったようで、毎朝もりもりと食べて1週間の間に一人でひと瓶あけてしまいました!

1619434.jpg

どのパッケージもかわいいクリッパーズの紅茶。
クリッパーズでは、無漂白のティーバックを使っているので少し茶色っぽい紙なのが特徴。
イギリスで紅茶のフェアトレードを最初に始めた会社としても有名です。
見た目がかわいいので、たまに買ってしまう。
味の方は、紅茶よりもハーブティーの方がすきです。

1619439.jpg

スコーンとクインスのジャム。
ジャムだけでは甘い(クインスってジェリーやジャムにすると酸味がしません)けど、
スコーンに合わせるとけっこういけます。

クインスジャムのレシピは、「英国の暮らしとおやつ」11月の章に載せています。
ペクチンが多いため、すぐにできます。
(油断して煮詰めると飴っぽくなります!)

マルメロが手に入る方は、ぜひお試しを~。

oyatsu_cover_obi_201310242033449ae.jpg


英国の暮らしとおやつ英国の暮らしとおやつ
(2012/06/01)
山口 もも

商品詳細を見る


楽天ブックスはこちら→「英国の暮らしとおやつ」


あ、ただいま熟読中の
伊藤まさこさん著の「信州てくてく美味しいもの探訪」には
かりん(たぶんマルメロのことだと思う)のパテが紹介されています。

かりんとマルメロは、ちがう果物なのですが、
伊藤さんもご指摘されていたとおり、長野ではマルメロが伝わった時に
なぜか「かりん」という名前で浸透し、今に至ります。

本の中に出てくる、かりんのパテは、
フランスの食べ物だそうで、ジャムを煮詰める前の段階でベーキングシートに包んで固めたもの。
イギリスでは「果物チーズ」と呼んでいるものがこれにあたるかも。
スライスしてチーズや肉料理(ロースト)に合わせていただきます。



★お知らせ★

フェイスブックを始めました。


「山口もも」でお願いします。momoyamaguchi716で検索すると出てきます。


クインス(マルメロ)の写真が私です。
気に入った記事や写真などをピックアップしていきたいと思っています。
どなたでもコメントできますので、お菓子やイギリス生活のことなどで
交流し合える場となればいいと思います~。

にほんブログ村 イギリス情報



スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

著書は、
「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★





mytaste.jp

プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ