11 03

イギリスの家庭で楽しむ温かい飲み物

冬時間になって、日が暮れるのが早くなりました。
風も冷たくなって、温かい飲み物がうれしい季節です。

1615992.jpg
↑トワイニングのアールグレイ。キッチンで淹れていると家のそこらじゅうに香りが広がります。

家で飲む飲み物といえば、何を思い浮かべますか?
イギリスなら、まずは紅茶です。
家庭用にはティーバックで淹れる人が多くて、たいていはミルクティーにします。
人によって濃い目、薄い目、砂糖入れるなど好みはいろいろ。

たとえば、お客さんが数名いる時に紅茶を勧めると、各自が各々に好みを言ってきます。
Aさんは、砂糖ティースプーン1杯、ミルク多め。
Bさんは、薄めの紅茶で砂糖なし、ミルク少なめ。とかね。
私は、濃い目の紅茶で砂糖なし、ミルクたっぷり派でございます。

イギリス人にとって、紅茶に特別感はまったくなくて水と一緒!
日本の緑茶(今では違うか・・・。)と、同じような感覚でしょうか。
あって当たり前。
いろいろな銘柄を試すより、決まった商品を飲み続ける人が多いような。
普段の紅茶は、スーパーでティーバックを買う人が多くて、人気なのは、
●PG Tips・・・ピラミッド型のティーバック。オフィスにも置いてあるところが多い。癖がなく飲みやすいから?数年に一度、オラウータン(ちょっと不確か、とにかく猿系)のぬいぐるみがおまけに付いてくる。

●Yorkshire Tea・・・長方形のティーバック。ヨークシャーデールの風景がイラストになっている、けっこう大きめの紙箱入り。味は濃い目。ハードウォーター、ディカフ、ゴールドなどいくつか種類がある。

●Tetley・・・丸いティーバック。シンプルなパッケージデザイン。紙箱ではなくビニールコーティングされた特殊な紙包装。壊れにくく、軽くてかさばらないので便利。

●Clipper・・・長方形のティーバックで無漂白の紙を使用。パッケージのデザインが目を引く、かわいい。

●Twinigns・・・長方形のティーバック。茶葉の種類が豊富。庶民派の紅茶の中では少し割高。

その他、スーパーの自社ブランド。種類豊富、値段も格安から少し割高までいろいろ。

あたりが幅を占めています。

淹れ方もすごーーーく合理的で、
マグカップにティーバックを放り込んで熱湯を注ぎ数分待ってから、ティーバックを取り出して牛乳を注ぎます。どこの家庭にも電気ケトルがあるので、1分ぐらいで簡単に熱湯を沸かせるのも便利。
(リーフティーの場合は、ティーポットでいれます。)



最近ではコーヒーも進化していて、自家焙煎の美味しいコーヒーを出すお店がロンドン各地で見つけられます。スターバックスやカフェネロ、コスタの進出により、美味しいコーヒーを飲むイギリス人が増えたのでしょうか。
こんなことは10年前には想像もしておりませんでした。
インスタントコーヒーも、エスプレッソ風味とか本格派が増えました。

1612612_2013102223233936d.jpg
そして、
温かい飲み物といえば、ホットチョコレートが欠かせません。
イギリスでは、まずは紅茶。そしてコーヒー、その次によく飲まれているのがホットチョコレートでしょう。

私はここ数年、カフェインを控えているので、
ホットチョコレートを飲むことが多くなりました。
いろいろ種類があって、今はクリッパーのを飲んでます。
味は、まぁふつうですが・・・、パッケージがかわいいので気にいってます。


1615999.jpg
カフェイン抜きのため紅茶の代わりの飲み始めたのが、ルイボスティーです。
わたしはなんと、ミルク入りで飲んでいます。
美味しいので、試してみてね。

ルイボスティーってイギリスではレッドブッシュティーと呼ばれます。
アフリカ原産なのですが、
もともとは現地アフリカでは紅茶の代わりにミルクを入れて飲まれていたそうです。

1616002.jpg
ティーバックが個別包装なしで入っているのも紅茶と一緒。

というか、個別包装になっている商品の方が少ない!
それでも湿気が少ないせいか、全く問題ありません。
よくよくみると、外箱もビニール包装されておらず、中身もアルミパック入りでない商品もたくさんある。

PGやヨークシャーティーは、外箱にビニール包装されていますが、
トワイニング、クリッパーなどは、なにもなし。細かいことは気にしない国民性なのか、気候のせいなのか、簡易包装は当たり前です。

こんな感じで、日常生活では気楽に簡単に紅茶生活が浸透してます。


次回のブログは、ボンファイヤーナイトのお話です★



oyatsu_cover_obi_201310242033449ae.jpg

「英国の暮らしとおやつ」の秋の章では、
ハロウィンやりんご、ガイフォークスデーのお話。
ブラムリーを使うお菓子のレシピも。

英国の暮らしとおやつ英国の暮らしとおやつ
(2012/06/01)
山口 もも

商品詳細を見る


楽天市場はこちら→「英国の暮らしとおやつ」


★お知らせ★

フェイスブックを始めました。


「山口もも」でお願いします。momoyamaguchi716で検索すると出てきます。


クインス(マルメロ)の写真が私です。
気に入った記事や写真などをピックアップしていきたいと思っています。
どなたでもコメントできますので、お菓子やイギリス生活のことなどで
交流し合える場となればいいと思います~。

にほんブログ村 イギリス情報

スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★



プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ