05 20

日本の地粉で作るスコーン

スコーン10 136
春のお花、水仙。
今年のイギリスは3月に冷え込んだため、4月に入ってもつぼみのままの水仙が多い。
一方の日本では、あちこちに水仙が咲いてました。


スコーン

日本にいる間に、地元の地粉でスコーン作り。
まず、私が使った粉は中力粉。本来なら、うどんやおやきなどに使われます。

考察:生地は、イギリスの粉とほとんどからわない感じ。
焼いた後も日本で市販の薄力粉よりもぼそっとした感じでイギリスのスコーンに近い感じ。

+お茶会にて試食して下さったSさんによると、
地粉で作ったスコーンは、イギリスの粉よりも上品な味で口どけもよかったそうです。

あと、日本で作ると(どんな粉でも)焼きたてのスコーンはビスケットのようにサックサクですが、イギリスで作るとそんなことはありません。この違いは何なのか????とても不思議なところです。

スコーン10 114

お茶会つながりで。
信州にお住いの方が、持ってきてくださったパンフレット。

スコーン10 115

このビートルート、見てください!!
日本でもこんなにおしゃれな野菜を栽培している方がいらっしゃいます。
パンフレットにはこれらのビートルートを使ったレシピも掲載。

私がこの渦巻き状ビートルートを見たのは、お料理番組でした。

The Little Paris Kitchen: Classic French recipes with a fresh and fun approachThe Little Paris Kitchen: Classic French recipes with a fresh and fun approach
(2012/03/15)
Rachel Khoo

商品詳細を見る

「The little paris kitchen」という、イギリスで大人気となった家庭フランス料理のテレビ番組。
イギリス人で、(当時は)フランス在住だったレイチェル・クーが、簡単で美味しい家庭料理を紹介します。

そこで、ビートルートを薄くスライスしてサラダに盛りつけていました。
レシピは、WinterSaladとして、同題名のレシピ本に掲載されてます★

にほんブログ村 イギリス情報
スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

著書は、
「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★





mytaste.jp

プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ