03 04

イギリスの料理番組 FOOD&DRINK

メアリーベリーの番組をiPlayerで見ていたら、FOOD & DRINK という別の番組のリンクが出てきました。
ベイキングの話だったので、みてみたら予想以上に面白かった。

番組は、キッチンで進行役の男性Michel Roux Jr が、マドレーヌとフルーツタルトを披露しました。
彼はフランス人?(でもイギリス英語を話しているし、イギリス育ち。)で、かなりの手さばき。
ゲストのメアリーベリーが、フランス菓子の話を聞いたりしながら和やかにすすむ料理番組です。

英語でマドレーヌと発音すると、日本語の音とは全く違う。
マドレーヌが一緒に出てこなかったら、マドレーヌという言葉を発してるとわかりませんでした!
あと、イギリスではマドレーヌを手作りする人は非常に少ないので、興味深くみたイギリス人が多かったのでは。

フルーツタルトの方は、皮が薄めのパリッとしたタルトに、カスタード、そして生の果物をのせます

作ってみたいと思ったのは、フレンチ・アップルタルト!
タルト生地(パフペイストリー)の上に、りんごのピューレを塗って、その上から生のイーティングアップルをスライスした物を美しく並べる。その上から白砂糖とたっぷりのバター(サイコロ状に塊)をのせて、オーブンで焼くという。焼きあがったら、アルコールを飛ばしたカルバドスを上からかけます。
(詳しい作り方は、動画で見られます。)
これは、簡単に作れる上に、見た目も美しく、おいしそう~~。

久しぶりに料理番組を見たら、なんだかお菓子作りをしたくなってきました。

ほか、バターとベーキングスプレッド(マーガリンのように冷蔵の状態でもクリーム状にしやすい植物油)。どちらがいいか?

イギリスの食卓に欠かせないスライスした食パン。
The best thing since sliced bread? (←Webのクリップから動画が見られます。)

1週間もカビの生えない、スライス食パンはいいのか、悪いのか・・。
職人が作るパンはどう思うか?
など、興味深い会話がありました。

いやー、食に無関心なイギリス人と、食文化の豊かなフランス人の考え方の違いがね・・。
番組の作り方も、イギリス人の一般的な考え方 VS 正しい食文化 みたいな構成でそれをストレートに話し合う出演者3人にイギリス人特有のユーモアがあって、たのしかったです。

スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★



プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ