08 14

ベーキングパウダー考察

こんにちは。
8月18日のために、ご用意するスコーンを(日本で)試作しています。

さて、「お菓子を習いに英国へ」にてベーキングパウダー考察というコラムを書いているのですが、
わたしは子供の頃からお菓子作りをしていて長いこと、ベーキングパウダーの苦味?が気になっていました。
大人になってからさらに気になってました・・。

しかし、渡英してお菓子作りを始めたときのイギリスのティールームにてケーキを焼くようになり衝撃を受けました!!!日本では考えられない量のベーキングパウダーを使うのに、苦くない。
全然苦味がない!
そして、コラムの中に書いたようなことを調べ始めたわけですが。
今では味の問題だけでなくて、健康面でアルミニウムフリーのベーキングパウダーが日本でも注目されて簡単にて入るようになりました。嬉しい限りです。

で、昨日、ふつうに近所のスーパーでベーキングパウダーを買ってきて自分のオリジナルレシピでスコーンを作ってみたら・・・・・。
すっごくに苦い!!
私の本に載っているレシピでスコーンを作られた方・・。お味のほう、大丈夫だったでしょうか???
これは、ベーキングパウダーを半量に減らした方がいいかも。
もちろん、アルミニウムフリーの物を使えば問題ないわけですが。
イギリスではアルミウムフリーのものが定番なので、気にせずに買っても苦い味がしません。
わかっていたのに、忘れていた・・・。ちょっと衝撃的な出来事でした。

あと、小麦粉。
こちらの小麦粉でスコーンを作ると焼きあがったスコーンが軽い。
口当たりだけではなくて、本当に重量も軽い。これってどういうこと?
粉に全粒粉や不純物が入っていないから?とっても気になる事実です。

と、日々、面白いことを発見しながらスコーンを作っています。

P.S 「世界のお菓子探検隊」の英国菓子特集、第2回目は、英国の夏菓子。
果物を使ったデザート、イートンメスやサマープディングのレシピもご紹介。ぜひご覧ください~。


にほんブログ村 イギリス情報
スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★



プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ