07 14

Feast

ナイジェラ・ローソンの料理本「Feast」

076.jpg


こちらは、2004年初版。
イベントごとにメインコース、サイドディッシュ、デザートを写真入りで紹介。
今回も今までの本同様に、彼女の料理に関する文章があちこちに入っています。

料理って、美味しくなるかまずくなるかは作る人の腕にかかっている部分が大きいと思いませんか?
その人が持っているセンスというか。
同じレシピ本で作ったからって、みんな同じ味になるわけでなく。

ナイジェラのレシピというのは、レシピ自体はシンプルなものが多いです。
でもね。本当においしそうに見えるのですよ。
テレビ番組でもそうだけど、作る本人が食べるのが大好きなのが伝わってきて、
こちらまで嬉しくなってしまうというか。
さらに、やっぱりセンスがいい?盛り付けもかっこいいし、作ってみたい思う料理が多い。

これからよく読んで、いろいろ作ってみたいと思います。

追記:
そうそう、この本の裏表紙、サクランボなんですよ。
アップルパイのレシピはふたつありますが、どちらもコックスをつかっています。

にほんブログ村 イギリス情報
スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

著書は、
「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★





mytaste.jp

プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ