06 25

ルバーブ

sP1010013.jpg

最近では信州や北海道で栽培されているルバーブ。
軽井沢にある「ジャムこばやし」さんでも只今インターネットにて注文受付中です。

私はルバーブという野菜を英国に来てから知りました。
村のマーケットで摘みたてのルバーブが山盛りで置かれていて、これってなんだろう・・・・・。
と、見ていたのを思い出します。
こちらでは、かなり前からある食材で、春から初夏にかけて家庭菜園でも育ててる人が多いです。

英国の暮らしとおやつのコラムにて触れましたが、
こちらにはフォースド・ルバーブという先物ルバーブがあります。
北ヨークシャーの農家で栽培されているのですが、その様子が英国在住でお菓子の先生である玉緒さんのブログ「玉緒のイギリスお菓子便り」にて詳しくレポートされています。私もかねがね行ってみたい農家の見学ツアーだったので、興味深く拝見しました★
この農家のルバーブ。数年前までは当たり前に近くの市場で取り扱いがありました。なのでありがたみも何もなく購入していたのですが、少し前にEUの保護食品として認定されて以来、英国内でも仕入れが困難になってしばらく我が家の近くのマーケットでは見かけませんでした。
それがどうしたことか、今年はその農家のルバーブが置いてありました。今まで他のルバーブと同じぐらいにしか思っていませんでしたが・・、今年は例年以上に味わって頂きました。

s140.jpg

お料理の本では、ルバーブクランブルにするのが最もポニュラーなレシピ。
ブラムリーといい、英国では酸味のある果物や野菜をお菓子にして楽しむのが好まれているようです。
繊維質が多い上に、整腸作用もあるとかで、健康に良いとされる食材です。

sルバーブとジンジャーのジャム

前にもこの写真、使いましたが・・・・。
ジャムにするのも人気の利用法。甘酸っぱくて、ルバーブ独特の風味が生かされています。
ジンジャー入りなのは、大人向けでこちらでは一般的なレシピです。私も英国の暮らしとおやつにてレシピをご紹介しています。簡単に作れるのでぜひ挑戦してみてください。(ルバーブにはジャムを固めるために必要なペクチンが少ないので、ペクチン含有量の多いブラムリーのすりおろしを少し加えています。)

にほんブログ村 イギリス情報
スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

著書は、
「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★





mytaste.jp

プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ