09 22

ナイジェラ ローソン

How To EatHow To Eat
(2000/04/25)
Nigella Lawson

商品詳細を見る

私が英国に来て好きになった料理研究家が、ナイジェラ・ローソン。

私が初めて渡英した2001年には、すでにテレビの料理番組で活躍する有名人でした。その美しい容貌とかっこいいしゃべり方、日本では見たこともない豪快な料理の仕方に一目ぼれ!
すぐに彼女の著書を買いました。
この本は、文字が多くて写真が少ないですが、彼女の文章は私でも読みやすく、面白いのです。
お料理の本なのに、日記?いやエッセイを読んでいるかのような文章で、明るい彼女の人柄も良く出ています。
もちろん知識も豊富で、お料理のレシピだけでなく食材の扱い方、ゲストのもてなし方、パーティー用のメニューまで、様々なことが書かれています。


How to Be a Domestic Goddess: Baking and the Art of Comfort CookingHow to Be a Domestic Goddess: Baking and the Art of Comfort Cooking
(2005/08/24)
Nigella Lawson

商品詳細を見る


そのうち、英語が聞き取れるようになると、彼女の知性と品格も理解できるようになって、さらにファンになりました。How to be a Domestic goddessも買いました。
表紙のカップケーキ、まさにこのカップケーキが、イギリスにさらには日本にカップケーキブームを引き起こしたのだと思います。イギリスでもカップケーキは、ナイジェラが紹介するまでは地味なお菓子の一つに過ぎませんでした。彼女がアイシングでかわいらしく飾るカップケーキを紹介したときには、イギリス人も目からうろこ。新鮮だったのではないでしょうか。
ちなみにこの本で、クリスマスのオーナメントにするビスケットも紹介しています。
私もものすごく影響されて、参考にして作るようになりました。

Nigella Christmas: Food, Family, Friends, FestivitiesNigella Christmas: Food, Family, Friends, Festivities
(2008/10/04)
Nigella Lawson

商品詳細を見る


上記の2冊の後にも、ナイジェラの本はいろいろ出版されましたが、
個人的には、このクリスマス本がとても役立ちました。
レシピもお料理からお菓子、保存食まで幅広いです。
他の本に比べてオシャレ度が低い・・かもしれませんが、お勧めの一冊です。

スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★



プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ