02 13

エリザベス女王2世のマグカップ

IMG_0777_2017020607083778f.jpg
イギリスには、
王室関係の記念グッツがいろいろとあります。
古くは、1800年代に作られたビクトリア女王の記念マグカップやお皿も。
写真のカップは、
エリザベス女王のゴールデンジュビリー(在位50年)を記念したもの。

IMG_0778_s.jpg
カップの口径8.5cm 高さ11.5cmと、
大きめなカップです。
ビールとか飲むのに使うのかしら?

IMG_0779_201702060708324f1.jpg
ゴールデンジュビリーにちなんで、
金彩で縁取り。

IMG_0780_20170206070834a1d.jpg
ボーンチャイナで、
普段使いにぴったりです★



さらに~。
2870625.jpg
エドワード7世のコロネーション(1902年)記念カップ。
100年以上前に作られた本物のアンティークです。

母であるビクトリア女王の即位が長ったので、
皇太子時代が長く、在位は1901年から1910年の10年間。
この時代は、
エドワーディアン朝と呼ばれます。
それまでの古いものから新しいもの架け橋となった時期で、
近代化へと大きく進んだ時代といえるかもしれませんね。

2870628.jpg
ジョージ5世のシルバージュビリー(1910~1935年)記念カップ。
シルバージュビリーにちなんで、
カップ縁取りがシルバーになっていますね。

2870627.jpg
同じく、
ジョージ5世のシルバージュビリー。
ちがうメーカーのもので
クリーム色っぽい陶器です。

2870630.jpg
ジョージ5世の息子、
ジョージ6世のコロネーション記念カップ。
エリザベス女王のご両親にあたります。

ジョージ6世は、
コリンファース主演の「英国王のスピーチKing's Speech」でも知られていますよね。

2870631.jpg
そして、
エリザベス女王のコロネーション(戴冠)記念カップ。

と、いろいろあります。
マグカップなので、
作られた当時に普段使いした方も多いと思いますが、
記念品としてキャビネットに入れて飾ってあったものが、
今の時代まで受け継がれているのでしょうね。




にほんブログ村 イギリス情報

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

著書は、
「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★





mytaste.jp

プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ