10 18

ベイクウェルプディングのお話

イギリスのお菓子
ベイクウェルプディング、食べたことありますか?

P1010134.jpg
サクサクの生地の中に
ジャムと
アーモンドの香りがするねっとりとしたカスタード風のフィリング。

名前の通り、
ベイクウェルという町で生まれたお菓子といわれています!

私が本場のベイクウェルプディングを初めて食べたのは、
2004年に出版した「英国お菓子めぐり」という本の取材もかねて
ベイクウェルを訪れたときでした。

P1010040.jpg
お菓子の発祥は、
こちらのラトランドアームズホテルというところで
新米のシェフが作り方を間違えて出来上がったお菓子が、
ベイクウェルプディングの始まり…
なのではないか。といわれています。

P1010036_20161018061852f51.jpg
このホテル秘伝のレシピを受け継いだのが、
現在もベイクウェルで人気のお店。

そのお店には2つ候補があるのですが、
一つ目は、
P1010069.jpg
ブルーマーズ
今年(2016年)は、阪急百貨店さんにやってきて
本場のベイクウェルプディングが味わえるみたい~。
すごい~。たべたい~。

P1010125.jpg
比較的小さい目のお店の中に
おいしそうなものがいっぱい!

P1010114.jpg
デリカッセンのコーナー、お菓子など
いろいろあったような。

P1010104.jpg

P1010107.jpg
お店の向かい側にティールームが。

P1010134.jpg
本場のベイクウェルプディング。
イギリスの古典菓子らしく、
甘みが強いです。
しっとりとしたフィリングに
サクサクの生地が当時はファッショナブルだったのでは。
メイズ・オブ・オナーと同じタイプのお菓子かも。

念願かなってのベイクウェルプディング~!

● 本場ベイクウェルプディングのお店 ● 2軒目。

P1010003_20161018061850f2c.jpg
ザ・オールド・オリジナル・ベイクウェルプディング・ショップ。

P1010032.jpg
しっとりのフィリングです。

P1010033_2016101806131869d.jpg
いろいろな大きさがあります。

P1010103.jpg
石造りの家が並んでいました。

P1010054_20161018065749f29.jpg
他にもベイクウェルの町には、
ベイクウェルプディングのお店がありましたよ~。

P1010096.jpg

P1010081.jpg
街の中にある静かな公園にて。

12年前の思い出でした~。
今度行く時は、いつかな~。楽しみです。

山口もも お菓子レッスン・旅行案内





にほんブログ村 イギリス情報
スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

著書は、
「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★





mytaste.jp

プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ