05 09

フードフェスティバル

前回のブログにも書いたフードフェスティバルのお話し。

スナップショット 1 (2016-05-05 0-08)
こーんなビーフバーガーを食べた後は、
すこしお店をみてまわり、いろいろ物色。

117_20160508053553fe3.jpg
広い草原にテントがたって、
その中にいろいろなフードストールが並んでいます。

114.jpg

120.jpg

買ったものはいったん車に置きに行ってから、
ミュージアムの敷地内にある
ビクトリア時代の家の中を見ました。
私がお気に入りの建物の一つです。

088_2016050805355667a.jpg
入り口はこんな感じ。
一つの建物を壁で半分に区切って、
ふた家族が住んでいました。
入り口も別々です。
イギリスでは、セミデタッチと呼ばれています。

093_20160508054059441.jpg
キッチンの様子。(2010年に撮影。)
当時のワーキングクラスの食事内容です。
主に、パンにラードやらバター、ジャムを塗って食べていました。
お肉や魚が食べられるのは、
ごく限られた時だけだったようです。

097_2016050805405610f.jpg
水は外からくんできて、
たらいに入れて使用。
水道がワーキングクラスに普及するのは
まだまだ後の時代です。

090_20160508054100e18.jpg
イングランドではきれいな水は貴重なもので
飲料水を確保するためにいろいろな工夫をしてきました。

098_2016050805405525b.jpg
食物庫もあります。

今年行ったときの様子は
動画をご覧ください~!





にほんブログ村 イギリス情報
スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

著書は、
「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★





mytaste.jp

プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ