12 13

ブラムリーのアップルパイ。

イギリス原産の調理用リンゴ、
ブラムリーってごぞんじですか?

2650688.jpg
こちらでは、
一年中スーパーマーケットや地元のファームショップで
取り扱いがあります。
それだけ、イギリス人の食卓に欠かせない食材なのですね。

IMG_9513.jpg
毎年、9月~10月初めに住んでいる村のかたから
大量にりんごをいただきます。
みんな、お庭にリンゴの木があって、
とても食べきれる量ではありません!
クッキングアップルもあれば、
生食用のイーティングアップルもあります。

それで作り始めたのが、
アップルパイです。
市販のペイストリー生地を使って
いっぱい焼いて、
ご近所の方におすそ分けします。

このペイストリー生地がけっこうおいしくて、
一つ1ポンド程度で買えるんですよ。

2650690.jpg
ジェイミーオリバーの言う通りに、
アップルパイは熱伝導率のよいブリキ?いや、
金もの?系の方で焼いています。
確かによく焼けます。

自己流で、
パイ生地の端は中に織り込んで、
切り落としません!
無駄を出さないエコな方法☆

2650689.jpg
焼けましたー!

今回は、
ブラムリー1個
コックスオレンジピピン
ガーラ2個
を使いました。
イーティングアップルだけだとどうしてもぼやけたフィリングになってしまうけど
ブラムリーのおかげで、
きりっと酸味のあるお味に仕上がりました。

2650694.jpg
一晩おいてからの方が
私は美味しいと思うんだけど
誰か周りにいると、必ずすぐに食べたい!
って、言うんですよね・・・・。

というわけで、
本日もすぐに切り分けました。

私の大好きなイギリス菓子の一つです☆

来年は、
南イングランドへいらっしゃる方に
りんごツアーを開催したいと計画中です。
数名でお越しになられる場合は、
りんごのお菓子レッスンや果樹園探索なども
プランに組み込めます!
おいしい&お勧めのりんごジュースやサイダーもご賞味ください。



【ウェッジウッドのティーセットご案内】

IMG_9775_20151212222400768.jpg
モスローズと呼ばれるシリーズです。
ビクトリア時代に流行したバラで、
蕾や茎に苔(→モス)のような毛があることから
モスローズと呼ばれるそうです。

クリーム色の上品な陶器です☆

詳細はこちらをご覧ください。
→「ウェッジウッドのティーセット」





にほんブログ村 イギリス情報

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

著書は、
「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★





mytaste.jp

プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ