09 19

ブリストル、ハーバーサイド。

ブリストルの市街地は、
坂の中腹にあって、歩いてまわれます。

ハイストリートの坂をおりて、
向かって右側が港になります。
ハーバーサイドと呼ばれている地域。

IMG_5017_20140919042314cc8.jpg
ロンドンで言うなら、
テムズ河沿いの遊歩道という感じでしょうか。

カフェ、レストラン
水族館、At Bristol (科学&アニメーションセンター)
SS Britain(大きな船の展示。)
など、見どころいっぱい。

IMG_5001.jpg
若手のアーティストが多く住んでいると
言われるだけあって、
日曜日の午後は、
クラフトマーケットもありました。
インフォメーションセンターにも
ブリストルの風景を描いたティータオルやコースターなど
かわいいグッツがおいてあります!

IMG_5002.jpg
ハーバーサイドにある広場。
午前中はカンカン晴れだったのに、
お天気あやしくなりました・・・。

IMG_5007.jpg
船がそこらじゅうに停泊しています。
クルーズツアーもあるよ。

IMG_5012.jpg
クルーズツアーは、
そこらじゅうにある停泊所から乗り降りできます。
私たちは5分ぐらい乗ったかなー。
水の上から見る景色は、また違います。

IMG_5013.jpg
降りた場所は、
SS Britain号の展示場所。
日曜の夕方だったので、もう閉まっていました~~。

IMG_5015.jpg
そこから今度は歩いて、
ハーバーサイドの広場まで戻ってきました。
途中にあったカフェ。
荷台に木が植えてある!
斬新な演出です。

IMG_5021.jpg
サイエンスセンター。
At-Bristol 

子供向け、サイエンスセンターというのが、正しいでしょうか。
(サイエンスセンターの入り口の隣にも広いカフェがあるのですが、
1階には各自持ち込んだお弁当を食べられるように、
テーブルとイスが用意されてます。
こういう利用者向けの目線でなされた配慮、嬉しいですよね。)
一階が科学全般、2階がアニメーション作りの体験施設になってます。
2階のアニメーションは、
ブリストルがウォレス&グルミットの製作地にちなんでいるよう。

IMG_5019.jpg
今年から、
1階では食べ物のコーナーも始まりました!
世界の献立事情、宇宙食、味覚のことなど
食品化学にまつわるブースが多いです。
子供から大人までたのしめる企画。

IMG_5063.jpg
実演コーナー。
アイスクリーム作りをやっていました。

IMG_5052.jpg
カラフルな飾り付けで、楽しい雰囲気。

なんだかんだ、全部のコーナーを試していたら、
4時間ぐらいはあっという間に経っていました。


IMG_5009.jpg
のどが渇いたので、
ハーバーサイドにあるカフェでひといき。

ハーバーサイドは、
うまく写真に収められませんでしたが、、
見晴らしは良く、
建物はきれいだし
活気がありました。

散歩するだけでもたのしい。

IMG_5050.jpg
ちょっと古い市街地に入ると、
こんな感じです。

ブリストル観光、つづく。

英国の暮らしとおやつ英国の暮らしとおやつ
(2012/06/01)
山口 もも

商品詳細を見る


楽天市場は →こちら




にほんブログ村 イギリス情報

スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

著書は、
「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★





mytaste.jp

プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ