02 28

お洒落でおいしいカフェ

IMG_00000108.jpg

素敵なカフェに行ってきました。
ここは、お洒落で有名な街のメインストリートにあるだけあって、
内装もディスプレイも粋。
そのうえ、コーヒーも本格派で、手作りケーキの種類が多くておいしい。
こんなお店が家の近くにあったら、通う~~~~!!
っていうか、こういうお店で働きたいわ。

IMG_00000107.jpg

カフェラテとビートルート&チョコレートのケーキ。
ビートルートは、スポンジ生地の中に結構ゴロゴロとした大きさを残して焼きこんであります。
でも、それもお店の人に聞いたから気づいたようなもので、ビートルートの味はまったくしません。
ビートルートって本来、どんな味なんだ…というところから話は始まるわけですが、
私も酢に漬けたものしか食べたことない。
想像するに、芋みたいに味があまりしないんじゃないかと思います。
チョコレートケーキに入れるとしっとりとした食感を与えるんじゃないかな。

そいえば、ビートルートって長野県で栽培されている人がいるんですって。
いろいろな活用法、知りたいですね。

IMG_00000105.jpg

いまやイギリスでもお茶菓子として市民権を得た感のあるカップケーキ。

IMG_00000121.jpg

もとの内装を生かして、さらにおしゃれなお店になっています。
古い食器で、サイズもデザインもばらばらというところもいい。古くて素敵なものを大切に使いたいですよね。
自然体なのに、おしゃれ。
この高度な技はいまだイギリスの貴重な財産のような気がします。

スポンサーサイト

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

著書は、
「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★





mytaste.jp

プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ