04 27

サンデー・アフターヌーンティーを用意する

週末に、
お客様20名をお招きするビジネスミーティングの合間に
ほっと一息、楽しんでいただくため、
アフターヌーンティーを用意しました★

IMG_7271.jpg
一人で用意するには大人数だったため、
クリームケーキは街で人気のケーキ屋さんから調達!
次回は、夏のデザートとか、
手作りケーキなどを用意しようかな。

IMG_7247.jpg
クリームがはさんであるケーキなので、
クリームケーキ。
一つが大きい!
手のひらサイズくらいかな~。

IMG_7252.jpg
サンドイッチは、
ハム&マスタード。
スモークサーモン、エッグマヨネーズ&クレスの3種。
(キューカンバーサンドイッチも作る予定が、パンが足りず。)

IMG_7270.jpg
カップ&ソーサーは、
スポードのブルーイタリアン★
アンティークカップと現行品が混ざっています。
よーく見比べてみると、色と形が違うのがわかりますよ~。
古いものはやはり色が素敵だし、
形もかっこいいです。

IMG_7283.jpg
ティーポットも形が上品。

IMG_7268_20160425065851191.jpg
ワインと紅茶を用意しましたが、
あわせてリンゴジュースも!
このジュース、おいしいんです。

IMG_7279.jpg
こちらのお皿だけがスポードじゃなかったんですが、
かわいいですよね。
ケーキにぴったり。

やっぱり、
こういう時間は楽しい!
またやりたいです~。



にほんブログ村 イギリス情報

スポンサーサイト
03 16

ザ・クウィーンビクトリアブレンドの紅茶

こちらは、水仙が咲いて春らしい景色になってきました。
イースター(今年は3月27日)までもうすぐ!

今年の春は、
日本にて
ビクトリア時代のお菓子のお話をする予定です。

IMG_0038_20160316061250c4b.jpg

こちらのお菓子は、
シュルーズベリービスケット。
とっても古くから伝わる地方菓子なのですが、
ビクトリア時代になると、
シラバブと一緒に楽しまれたそうです。

IMG_0036.jpg
昔から伝わるお菓子って、
シンプルで、素朴なんだけど、
何度も食べたくなる・・・・・。
こちらのビスケットには、スパイスが入っています。

大阪の紅茶&ハーブティー教室S Style Teaさんでは、
シラバブと一緒に、
このシュルーズベリービスケットも召し上がっていただきます★

そんなビクトリア時代のお菓子を取り上げながら、
ビクトリアンの香り漂う紅茶を楽しみましょう~。

この日に合わせてご用意するのは、、
ザ・クウィーン・ビクトリア・ブレンド
という紅茶!

IMG_9966.jpg
ブライトンにあるホテルのために作られたというこの紅茶。
どんな香り…お味なのか、楽しみですね。



【春のコラボイベント】 S*STYLE TEA*ビートン夫人のお茶会 4月2日
詳細はこちら→ビートン夫人のお茶会

お申し込みはこちら→http://sstyle-tea.net/contact

**********

★2016年春のイベント★

【イベント告知】 英国の紅茶とお菓子を楽しむ会
3月27日 日曜日→ 参加ご希望の方募集中です★

【コラボ・イベント告知】 英国の地方菓子と紅茶とちょっぴりアンティークの会
3月29日 火曜日→ 満席・キャンセル待ちのみ受けたまっております。

【コラボ・イベント告知】英国おかし物語 ヴィクトリア朝時代の英国菓子&イースターのお菓子&アンティーク
お申し込みは、NHK文化センター青山教室よりお願いいたします★

沢山の方にお会いできるのを楽しみにしております~!




にほんブログ村 イギリス情報
03 14

ティーバックの紅茶、飲み比べ(予告編)

3月27日のお茶会まで日にちが迫ってきました~。
参加希望のご連絡をいただいている方には、
近日中にメールにて詳細をご連絡いたします!

参加ご希望の受付は、今週いっぱい(3月20日)で締め切らせていただきます。

【イベント告知】 英国の紅茶とお菓子を楽しむ会
3月27日 日曜日→ 参加ご希望の方募集中です★

さて、
山梨で開催するこのお茶会は、
マグカップで、
いろんな紅茶を楽しむ気楽なティータイムを提案しています。
イギリスの一般家庭でごく普通に楽しむスタイルです★

IMG_9946.jpg
じゃーーん。
イギリスの一般家庭で人気といえば、
PG Tips
癖のない、飲みやすい紅茶です。

IMG_9947.jpg
最近、パッケージが(シンプルな感じに)リニューアル。
少しデザインが変わりました。

IMG_9949.jpg

IMG_9950.jpg
私のお気に入り。
ノンカフェインのルイボスティー。
ストレートでも、ミルクティーにしてもおいしい。

IMG_9951.jpg

IMG_9952.jpg

イギリスではレッドブッシュティーと呼ばれているのですが、
Tetleyのパッケージには、
最近になってルイボスと説明書きが入るように。


IMG_9953.jpg
今回は、
インドネシアで売っている紅茶もいくつかご用意します!

IMG_9954.jpg

IMG_9955.jpg
三角のおしゃれなパッケージは、
アメリカ向けの商品だそうです。

IMG_9956.jpg

IMG_9957.jpg

IMG_9958.jpg

このほかに、
イギリスで売っているハーブティーなどを合わせて
合計10種類のお茶をご用意する予定です。
お楽しみに~!


**********

【イベント告知】 英国の紅茶とお菓子を楽しむ会
3月27日 日曜日→ 参加ご希望の方募集中です★

【コラボ・イベント】 英国の地方菓子と紅茶とちょっぴりアンティークの会
3月29日 火曜日→ 満席・キャンセル待ちのみ受けたまっております。

NEW!【春のコラボイベント】 S*STYLE TEA*ビートン夫人のお茶会 4月2日
詳細はこちら→ビートン夫人のお茶会
お申し込みはこちら→http://sstyle-tea.net/contact


【コラボ・イベント告知】英国おかし物語 ヴィクトリア朝時代の英国菓子&イースターのお菓子&アンティーク
お申し込みは、NHK文化センター青山教室よりお願いいたします★

沢山の方にお会いできるのを楽しみにしております~!




にほんブログ村 イギリス情報


 
05 10

イギリスで普段飲む紅茶4 ダッチーオリジナル編

004_20130416215506.jpg
ダッチーオリジナル フローム ウェイトローズ 
アールグレイ

チャールズ皇太子が設立したオーガニックのブランド、ダッチーオリジナルが数年前よりウェイトローズと提携してより多くの商品を求めやすい価格で提供し始めました。

こちらの紅茶も上品な外箱、クオリティーの高い商品なのにお手頃価格!
そのうえ、フェアトレード商品。
(ティーバックの紙は、無漂白だと思う。)
普段よりもちょっとゆっくり上品な香り、味の紅茶を飲みたい時にお勧め。

001_20130416215501.jpg
ダッチーオリジナル フローム ウェイトローズ 
イングリッシュ ブレックファースト

ストレートでも美味しくいただける紅茶。
パッケージが美しいので、お土産にもいいですね。

にほんブログ村 イギリス情報
04 30

イギリスで普段飲む紅茶3 マークス&スペンサー編

008_20130416215528.jpg
マークス&スペンサー ラグジュリーゴールド

ここのところ飲んでいるのが、この紅茶。
まろやかな香りで上品な味。
ヨークシャーティーやテトリーなどの一般的な家庭用紅茶と比べると濃くないですが、
ゆっくりと美味しい紅茶が飲みたい時はこれ。
ストレートでもいいし、ミルクティーにもあう。

パッケージの説明によると、新芽の2枚のみを手摘みしたもの。
フェアトレードで、生産者にも配慮した商品です。

005_20130416215510.jpg
マークス&スペンサー ブレックファースト ブレンド

こちらもマークスの自社ブランド商品。
朝食に飲みたくなるような?すっきりと、あっさりとした味。
ストレートでもおいしい。

011_20130416215537.jpg
マークス&スペンサー チャイ

スパイスの入ったチャイ用ティーバック。
牛乳で煮出してもよし、シンプルに熱湯で入れてもいい。(と、外箱に説明あり。)
こちらは、上の二つに比べると濃い目の紅茶で、こっくりとしたミルクティーになります。


009_20130416215532.jpg
マークス&スペンサー ディカフェネイティッド

こちらのパッケージ商品(メモ帳のデザイン)は、お手頃価格なライン。
カフェイン無しの紅茶もあります。

マークスでは、すべて自社ブランドの商品を取り扱っていますが、
紅茶はフェアトレード。
上品な味なのに、気軽に買える値段なのがうれしい。


にほんブログ村 イギリス情報

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

著書は、
「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★





mytaste.jp

プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ