08 15

ジェーンオースティン ゆかりの地巡り続き その5

丸一日、ジェーンオースティンのこの日。

最後に向かったのは、
ジェーンの生まれたスティーブントン村!

IMG_7497.jpg

車一台がやっと通れる
ものすごい、田舎道を抜けると、
教会がありました。

IMG_7498.jpg
こちらの教会でジェーンのお父様が牧師を務めていたそうです。

IMG_7500.jpg

IMG_7502.jpg

IMG_7506.jpg
美しい内装です。

IMG_7504.jpg

IMG_7505.jpg

IMG_7503.jpg

古い教会の中は、
静かにゆっくりと時間が流れていました。

これから、
ジェーンの作品ももっと触れて、
またゆかりの地を巡りたいです。

私の住む近隣をご紹介する
山口もも お菓子レッスン&旅行案内
個人&グループの旅行をプロデュースいたします!
ワイト島へもご案内できます~。
お気軽にお問い合わせください。





にほんブログ村 イギリス情報
スポンサーサイト
08 11

ジェーンオースティン ゆかりの地巡り続き その4

チョートン村には、
チョートンハウスライブラリー
という、ジェーンオースティンの兄エドワードが
一時期所有していたマナーハウスがあります。

IMG_7487.jpg
ひろ~~いエントランス、
その奥にお家があります。

IMG_7486.jpg
石造りの豪華な建物。

IMG_7490.jpg
この家にジェーンはよく訪れて
子供たちのお世話をしたりして過ごしたそうです。

いまは、ライブラリーとして一般公開。

IMG_7489.jpg
壁が木のパネルなんです。
ヘンリー8世が所有していたハンプトンコートに
雰囲気が似ていました。

IMG_7495.jpg
一通り家の中を見学すると
最後に1階にあるキッチン付近にでてきます。

IMG_7496.jpg
今はティールームになっているんですよ。
ジェーンもお料理したり、お手伝いした…。
と言われています!

IMG_7494.jpg

外に出ると、
敷地内に教会があります。
そちらもぜひ足を運んでみてくださいね。

続く。


私の住む近隣をご紹介する
山口もも お菓子レッスン&旅行案内
個人&グループの旅行をプロデュースいたします!
ワイト島へもご案内できます~。
お気軽にお問い合わせください。





にほんブログ村 イギリス情報
08 08

ジェーンオースティン ゆかりの地巡り続き その3

ジェーンオースティンハウスミュージアムには
いくつかの建物があるんですが、
ベイクハウスの近くにあった建物の中に
当時の様子が展示してありました。

IMG_7478.jpg
お洋服。
帽子と服でコスプレできます!
たのしいです・・・・。

IMG_7474.jpg
レンジクッカー。
石炭で燃やすタイプかな。

IMG_7479.jpg
ラベンダーの香り袋を作れます。
お家の中にもあちこちにラベンダーが置いてありました。

IMG_7477.jpg
ジェリーモールド。
陶器で作られています。

IMG_7476.jpg
砂糖は高価なもので、
このように棒状になったものを削って使いました。

IMG_7483.jpg
敷地内から村の車道をみたところ。

IMG_7469.jpg
バラに囲まれたお家のエントランス。

(邸宅の中は撮影できませんでした。)

ぜひ、実際に訪れてみてください!


私の住む近隣をご紹介する
山口もも お菓子レッスン&旅行案内
個人&グループの旅行をプロデュースいたします!
ワイト島へもご案内できます~。
お気軽にお問い合わせください。





にほんブログ村 イギリス情報
08 04

ジェーンオースティン ゆかりの地巡り その2

ウィンチェスターを観光した後は、
そこから車で20分ぐらいにあるチョートン村へ。

IMG_7449.jpg
古い家が立ち並ぶ、
可愛らしい村です。
こちらの建物は、パブ。

IMG_7451.jpg
まずは、ジェーンオースティンのハウスミュージアム。

IMG_7450.jpg

IMG_7459.jpg
ガーデンも素敵です~。

IMG_7455.jpg
文学少女ではない私…。
まず、興味を引いたのが、
ベイクハウスです!

お家の裏側にオーブンがついた
ベーキング専用の建物がありました。

家の規模からいって、
マナーハウスのような大きなキッチンはなかったと思うのですが、
わざわざベイクハウスを備えていた…
ということに少し驚きました。

IMG_7458.jpg
オーブン。
薪はかなり必要なタイプ。
イングランドでは、
チューダー朝のころからこの形のオーブンを使っていました。

IMG_7457.jpg
湯沸かし器。
お湯は料理だけでなく、
洗濯やお風呂なんかにも使っていたんじゃないでしょうか。

IMG_7460.jpg

IMG_7462.jpg

IMG_7461.jpg
お天気に恵まれ、
美しいお庭も楽しめました★

続く



にほんブログ村 イギリス情報
08 02

ジェーンオースティン ゆかりの地巡り その1

8月になりましたね。
イングランドは、暑い夏が7月中旬に2週間ほどありました。
ノースリーブのワンピースが着られる暑さ!
長年の経験から、
こういう時は一年の間でものすごく少ない。
というのを知っています。
なので、暑い!と思った日には
すぐさま、お気に入りの夏服着用!
サンダル登場。
しばらく、夏の暑さを楽しんでいたんですが、
あっというまにその期間は終わり。。
すでに涼しい毎日が訪れています。

さて
少し前に
ジェーンオースティンの大ファンである方からの依頼で、
夢の企画!
「ジェーンオースティンゆかりの地巡り」
が実現しました。


私の知っているジェーンオースティン作品といえば、
映画となった
センス・オブ・センシビリティー(分別と多感)
エマ

どちらも好きな英国映画!
まず女優さんの服装が可愛い!

若い女性たちの恋と結婚についてのお話だなーと
ぼんやりと内容を覚えていたのですが、
なんでもジェーンオースティンの作品はそれが主題となって書かれていることが
多いんだそうです!

私が見た二つの映画も
内容は結婚に対する奥深いテーマがあるような。
これからいろいろと本を読んだり、
映画を見たいなーと思っています。

今回の旅で
まず、向かったのは、
ウィンチェスターです。
13903146_744032619072909_4999288585608422539_n_201607310538148d0.jpg

ウィンチェスターには、
ジェーンオースティンが療養のため住んでいたという家、
彼女が埋葬されたというウィンチェスター大聖堂があります。
てくてく歩いてめぐるのが楽しい町です!

敷地内にカフェ&レストランもあります。

IMG_7446.jpg
ビクトリアスポンジ(ビクトリアサンドイッチ)
この間行ったオズボーンハウスで
ビクトリア女王のために作られたというお菓子。

IMG_7447.jpg
2段のスポンジケーキに
ジャムが挟んであります。
現代版は、クリームもはさんである場合が多いです。

IMG_7445.jpg
キャロットケーキ。
こちらはグルテンフリー。

IMG_7444.jpg
レモンデュリズルケーキ
甘酸っぱいレモンシロップが
ケーキの上からかかっています。

IMG_7443.jpg
アフターヌーンティー。
サンドイッチ、スコーン、クロテッドクリーム&ジャムのセット。
(と、メニューに書いてあります。)

IMG_7440.jpg
チーズとウォータークレスのスコーン。
ハンプシャー州は、
ウォータークレスの産地があるんです★

大聖堂とカフェの間にある
お土産ショップも充実してますよ。

続く。





にほんブログ村 イギリス情報

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

著書は、
「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★





mytaste.jp

プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ