04 13

英国のアンティーク陶磁器 クレステッド・チャイナ 日本で販売開始!

115931544.jpg
copyright Kamakura Antiques


★お知らせ★
かわいいミニュチュア磁器置物
「クレステッドチャイナ」が日本でも手に入るようになりました!


King william
イギリスでは鉄道が普及しはじめたヴィクトリア時代から
一般人も少し遠くまで旅行することができるようになって
空気の綺麗なシーサイドリゾートに旅行するのが人気となりました。

そんな時代に、
お土産用のミニチュア磁器として人気を博したのが
クレステッド・チャイナです。

Sussex_201704122214028b1.jpg
旅行した各々地で、
その土地の紋章が施されたクレステッドチャイナを
旅行のお土産として購入しました。

Winchester.jpg
こちらは、
古都 「ウィンチェスター」の紋章がついた豚ちゃん。
豚は、イギリスでは人気のモチーフで
いろいろな小物に豚のデザインをみかけます。

Shakespeare House
その人気から、
いろいろな形が各陶磁器メーカーから作られました。
紋章だけでなく、
有名な建物のミニュチュアも登場します。
その一つが、シェイクスピアハウス。

Walesh lady milk jug
ウェールズの民族衣装をきた女性のジャグ。

という感じで、
様々な形のクレステッドチャイナがあります。

手のひらに載る小さなサイズがほとんどなので、
キャビネットに並べて飾るとかわいいんですよ。


このクレステッドチャイナが、
鎌倉にあるアンティークショップ&ティールーム、
「鎌倉アンティークス 鎌倉山店」さんで
販売開始となりました!
昨年末に鎌倉アンティークスさんにてお茶会をさせていただいたご縁で、
私もこのクレステッドチャイナ普及に向けて、
少しお手伝いさせていただきます★

では、
「鎌倉アンティークス」さんのウェブショップ
からいくつかご紹介いたしましょう!

【 シーサイド・ドンキーに乗る少女 】(商品番号MM00029)
115820922.jpg
copyright Kamakura Antiques

イギリスの海辺では、砂浜でロバに乗るのが人気でした。
ロバはおとなしい動物なので、
子供たちが触ったり乗っても安全だったからみたいです。
(しかも、かわいい。)

115820922_o3.jpg
copyright Kamakura Antiques

北イングランドの人気シーサードリゾートだった
ブラックプールのクレスト(紋章)入り★
形とクレストが一致している場合は、
マッチングクレストと呼ばれます。

【 ベージングマシーン 】(商品番号MM00047-10)
115550724.jpg
copyright Kamakura Antiques

1700~1800年代のイングランドでは、
海辺で海水浴をするのが人気となりました。

そこで登場したのが、
ベーングマシーンとよばれる車輪付きの小屋です。
この中で女性たちは水着(といっても今の洋服に近い)に着替えて、
波打ち際まで運んできたベージングマシーンから海の中に入りました。

115550724_o2.jpg
copyright Kamakura Antiques

海辺の町、イーストボーンのクレスト入り。
(だからマッチングクレストね。)
ものすご~~~く、
ビクトリアンで、クレステッドチャイナらしいデザインの一つです★

115550724_o3.jpg
copyright Kamakura Antiques

たくさんのクレステッドチャイナを生み出した
アーケイディアン・チャイナのトレードマーク入り。

【 ティーポット 】(商品番号MM00051)
112430870.jpg
copyright Kamakura Antiques

テーブルウェアも人気のデザインでした。

クレステッドチャイナは、
基本的に小さな置物が多いのですが、
実物大に作られたテーブルウェアもあります。

ロンドンから近いということで
ブライトン、ラムズゲートに並んで人気のシーサードリゾートだった
マーゲートのクレスト入り。

112430870_o1.jpg
copyright Kamakura Antiques

反対側には、マーゲートのあるケント州のクレストも。

112430870_o2.jpg
copyright Kamakura Antiques

実用的にちゃんと作られています。

112430870_o3.jpg
copyright Kamakura Antiques

クレステッドチャイナの元祖、ゴスのトレードマーク入り。

お店には、他にもいろいろな形が置いてあります★
ぜひお手に取ってその可愛さに触れてみてください~。
いろいろな形があって、わくわくしますよ~。

「鎌倉アンティークス」ウェブショップはこちらから。

3b1fc8_b50fdd9bbc1d458984d47f20fd319cdc~mv2

3b1fc8_c59d75f7d2b4474880f9d6cde5373733~mv2
鎌倉アンティークス鎌倉山店には、
ティールームもあります★





にほんブログ村 イギリス情報
スポンサーサイト
11 30

ビクトリア時代の陶器土産 ねこ編

今年から勉強を始めているクレステッドチャイナ。
各地の紋章が付いている小さな陶器で、
主にビクトリア時代後期から1930年ぐらいまでに間に
作られました。

ビクトリア時代に鉄道が発達して
ビクトリア女王だけでなく、
労働者でも祝日などに海辺などへ旅行できるようになると
ご当地土産として陶器の置物が大流行しました。
一時期には、90%もの一般家庭にこの陶器が飾られていた
と言われています!

初心者の私がまず可愛いなーと思ったのが、
猫の陶器です。

2641557.jpg
チェシャーキャット。
「不思議の国のアリス」で登場する猫。
コミカルな表情が特徴です。
たくさん販売された形で、
当時、とくに人気があったんだと思います。

2641559.jpg
こちらは、
少しふっくらとした顔つきが可愛い。
リボン付き。
プリマスの紋章が付いてます。

2641569.jpg
愛らしい表情が特徴ですね。

2641565.jpg
少し珍しいタイプの猫。
エジンバラの紋章が付いています。

2641568.jpg
こちらも珍しい形で
クッションの上に座っている猫ちゃん。
イーストボーンの紋章。

いかがでしょうか?
お気に入りの猫はいましたか~?





にほんブログ村 イギリス情報

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

著書は、
「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★





mytaste.jp

プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ