FC2ブログ
04 22

メキシコ料理のケサディーヤ

94203396_1712273495582145_6324005306573520896_o.jpg
今、よく作っているのが
メキシコ料理のケサディーヤ。

イギリスではメキシコ料理が人気。
Wahakaというレストランもよく行ってました。

93881758_1712273558915472_1101989467423506432_o.jpg
今はレストランに行けないので、
自分で作り始めた、ケサディーヤ。

いま、イギリスではポールド・ポークという
スロークックした豚肉の塊が大人気!
食べやすいように引き裂いて(ポールドして)あります。
甘辛い感じで私も大好き。
ウェイトローズの水色の箱に入っているポールド・ポークがおいしいよ。

こちらとチーズを挟んで、
フライパンで両面を1分ぐらい焼くだけの簡単料理!

ジェイミーオリバーのインスタグラムにも動画があるのでよかったら。

ベジタリアン・ケサディーヤ

93651546_1712273632248798_7973806097276338176_o.jpg
このマークス&スペンサーの商品にはトルティーヤ・ラップスと書いてある。
他のには、ラップスと表示されてた。

日本ではトルティーヤと呼ばれるみたいね。

トルティーヤも簡単に作れそうなので、
今度は作ってみようかな。

BBCのレシピ トルティーヤ
スポンサーサイト



04 17

イギリスの食糧事情

こんにちは!
今日は、急に気温が下がって肌寒いぞ。
家にこもって文章を書こう…・・。

いま、ヨーロッパ各国がロックダウンで
これからの食糧事情がどうなっていくのか・・・。
私の中で気になり始めています。

英国内では、
今シーズンの野菜と果物を収穫するための人手が不足。
ロックダウンによりEU諸国からやってくる収穫労働者がいない。
というニュースがありました。

その後、東ヨーロッパから労働者をチャーター便で連れてくるという
計画も示されましたが、最低でも7万人必要。
今の状態で間に合うのでしょうか…・。
近隣に住むイギリス人で収穫できないのかしら・・。

ふと2012年に
リプトンブルックボンドの季刊誌に寄稿した文章が
いまの情勢になんとなくつながっている気がしたので、
こちらに抜粋を載せることにします。

2012年にロンドンオリンピックを迎えることになったイギリスは
ずいぶんと前から国内産の食材を調達するために準備をしていました。
そのおかげで現在もたくさんの食材が英国産で賄われています。

以下、過去に寄稿した文章の抜粋です。↓

●見直される英国産の食料
英国では90年代から食肉や卵の安全問題が提起されて
国内産の食材を見直す機会が多くありました。

IMG_3823a.jpg
(英国産のグラニュー糖)

2000年には、英国農産物の安全性を保証する表示制度「レッド・トラクター」を導入。

RT logo - high res jpeg

この認証を受けるためには、
商品ごとの品質基準(生産・栽培・流通過程を含む)をクリアする必要があります。
2002年には、アレクシア・ロビンソンによって
ブリティッシュフード・フォートナイト(食の2週間)という
英国料理と食材の推進と食育活動も発足。
これらの活動によって、英国中のパブやレストラン、スーパーマーケットへ
国内産の安全な食材と料理が広く流通するようになりました。

IMG_3825a.jpg
(パッケージにレッドトラクターのロゴがあります。)

現在では、レッド・トラクターが記載された商品をで手にすることが多く、
このロゴによって消費者は簡単に英国産の安全な食材を選ぶことができます。

今回のオリンピックでは、
食の面でもサステナビリティな提案がいくつもあります。
廃棄ゴミや二酸化炭素削減に向けての取り組みに加えて、
会場で提供されるすべての食材には細かな規定が設けられています。

たとえば乳製品(チーズは除く*)牛肉、子羊の肉、鶏肉、卵は、
レッド・トラクター認定の英国産のオーガニック。
また紅茶、コーヒー、バナナ、砂糖、チョコレートはフェアトレード商品のみを利用をします。

そして旬の食材を出来る限り利用する英国料理は、
消費者に食材の産地もわかるように説明がつきます。
さらにすべての会場で、飲料水が無料提供されます。

*チーズは、チェダーなど英国伝統チーズは
レッド・トラクター認定の英国産のオーガニック。
外国産の場合は、生産地が特定できるオーガニックを使用します。


:::::::

イギリスは、ロックダウンから3週間が経過。
政府が検討した結果、
さらに3週間の延長になりました。
5月の中旬ごろから規制を緩める方向で話し合いが進んでいます。

しばらくいい天気が続きますように。

安全で健康にお過ごしください。
02 27

セビルオレンジのマーマレード

a.jpg

イギリスでは2月ぐらいにスペイン産のセビルオレンジが店頭に並びます。
見た目はごつごつしてて、少し小ぶりかな。
美味しそうじゃないんですよ。
それもそのはず、
もともと食用じゃなくて
医療用とか加工食材とされていました。

それをスコットランドのダンディーという町に住む食品店で
マーマレードにしたものが大人気に。
セビルオレンジマーマレードまたは
ダンディーマーマレードと呼ばれるようになりました。

P1010034_20200227065108fd0.jpg
ダンディーの近くにある
マッカイというスコットランドの会社が作るダンディーマーマレードが流通しています。

IMG_2859a.jpg
マーマレードってもとはクインス(和名マルメロ)で
作っていたのです。
語源はポルトガル語マルメラーダ→マーマレードになったとか。

IMG_3484_202002270651063f5.jpg
モーニングトンクレセントのステイシーさんが
前に作っていたクインスのお菓子を私も再現!
中世風に作ってみました。
うふふ。。。うまくできたでしょ。。

お味はというと。。
あまい!中世の貴族たちはこういうお菓子を愉しんでいたのか…。
そうか・・・・。
あまいなぁ。。。
でも優しい甘さっていうか
クインス独特の風味がしますよ。
08 06

長野県で、エルダーフラワー&ベリーの栽培!

こんにちは!
日本の夏、8月。
暑いですね。

イギリスに住んでいると汗をかくという日はほとんどありません。
なので、なんだか無料サウナにみたいな。
無料デトックス…みたいな気分。

さて、山梨、大阪、長野県塩尻市と
お茶会が無事に開催されました。

お越しくださった皆さん。
そして、サポートしてくださった方々に感謝の気持ちでいっぱいです!
どうもありがとうございました!

s-1.jpg
(写真:英国の暮らしとおやつより)

8月3日の長野県塩尻市「えんぱーく」でのお茶会には
午前中の部に
長野市小田切地区にてエルダーフラワーの栽培に
取り組んでいる安西さんにお越しいただき、
現在の状況、これからの展望についてお話ししていただきました!

s-エルダーフラワー写真_page-0001

安西さん 小田切地区地域おこし隊の活動について

エルダーの栽培に気候が合うそうで、
山の中にたくさん咲いているそうです!

s-エルダーフラワー
(小田切のエルダーフラワー)
日本で摘んだエルダーフラワーでコーディアルを作る・・・・。
素敵ですね!

エルダーフラワーで作ったジャムの試作品も持ってきてくれました。
ジャム、おいしいー!
そうか、こうやってお花も活用できるんだなーと新しい発見。

s-3.jpg
(写真:私の庭のエルダーベリー。)

あと、エルダーベリーのジャム(ソースかな。)の試作品も。

紫色の濃いベリーは、
インフルエンザの予防に聞くといわれていて、
その昔は、エルダーベリーのシロップが薬として用いられてきました。

楽しいお話しをどうもありがとうございました!

☆エルダーフラワーの安西さん情報☆

2019年はエルダーベリーが8月14日ごろから摘めます。
現地へ摘みに行くことも可能。
エルダーベリーの購入も可。
価格と送付方法はただいま検討中。
安西さんまでお問い合わせください!

s-エルダーフラワーコーディアル
エルダーフラワーコーディアル販売情報
2019年9月上旬より販売予定。
150ml 1580円 

「長野市小田切産のエルダーフラワーと
安曇野の美味しい天然水、国産レモンで仕上げた。
国産エルダーフラワーコーディアルです」
数量限定販売ですので購入を希望される方はお早めに下記まで☆

お問い合わせ先
連絡先:
安西 推(あんざい すすむ)
電話 090-5459-9207
メールアドレス jumping01jack01@yahoo.co.jp



03 26

バーベキューパーティーへ行く

お天気が良くなって、
気温上昇。
外に出かけることがぐんと増えます。

DSC_0263s.jpg
水仙の花がそこら中に咲き始めました。

DSC_0264s.jpg

週末にファームショップで開かれたランチパーティーへ行ってきました。
DSC_0271s.jpg

ファームショップの庭にバーベキューの試食やローカルショップの試飲&試食会。
あらかじめ予約しておいたセットランチが楽しめます。

最近、動画を撮るのが楽しくて、
あちこち出かけるとショートムービーを撮影中。↓


このファームショップでは、
少し前から緑色の球体をしたバーベキューマシーンの
EGGというものが一押し商品。


豚のローストもジューシーに柔らかく!
試食させてもらいました。
美味しい~。

人が集まって、
美味しいものを食べて
おしゃべりして、少し散歩する。
たのしい週末です。



britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★



プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ