FC2ブログ
09 20

秋のブラックベリーを摘む。

9月下旬。
お天気がいい日が続いています。
そろそろ雨模様になるぞ―――と、
そこら中でささやきあうイギリス人(笑)
この国の人は本当にお天気の話ばかりしている!

70382027_1501055153370648_696579631679012864_n.jpg
さて、散歩道にわさわさとブラックベリーが実っているので
少し摘んできて、
お庭で採れたルバーブと一緒にクランブルにしました。

70514181_1501055190037311_6625991616865763328_n.jpg
私は、旬の果物をすぐにお菓子にするのが好き。
ルバーブだけよりブラックベリーを入れると風味が増しておいしいかも。
見た目もきれい。

今回は、
いつもの要領で、手元にある容器にざくざくと果物をいれて、それを計量。それからほかの材料の分量を計算。
BBCのGoodfoodのルバーブクランブルのレシピを参考に。
https://www.bbcgoodfood.com/recipes/420616/rhubarb-crumble

●フィリング
ルバーブ 700g
ブラックベリー 200g
砂糖 400g

●クランブル生地
薄力粉 140g
砂糖 50g
バター(有塩)85g
ヘーゼルナッツ 50g

焼き時間は200度で30分。
フィリングがグツグツと沸騰するまで。

少し置いて粗熱が取れてから食べるほうが
味がなじんでおいしいと思います。

大きなパイ皿1つと、小さなココット皿3つ作りました。

69931876_1494375587371938_1355484450187640832_n_20190920194441ecf.jpg
英国の暮らしとおやつの10月の章に
「ブラムリーとブラックベリーのクランブル」のレシピ載せてます!
この本ね、自分でいうのも変だけど
毎年活用しています。
私が作っているお菓子って、
この本に載っているような季節の果物を使うものが多いんですよね。

P1010008_20190920194449467.jpg
このパイ皿は、ロイヤルウースターのもの。
なんとなく、イギリスって感じがするのは私だけでしょうか。
お皿の底に、果物の絵が描いてあるのがお気に入り。

ブラックベリークランブル
秋のデザートです!

スポンサーサイト



01 21

ベティーズのチーキーリトルラスカル

IMG_2982s.jpg
2019年、1月にベティーズに行ってみると新商品発見。

その名もチーキーリトルラスカルズ。
ファットラスカルのミニバージョンで
新しいフレーバー。

IMG_2981s.jpg
詰め合わせっとところがまたいいですねー。

今回の旅は、
街の中を歩いて回ってみました。

ファットラスカルとは、
丸いビスケットとスコーンの中間みたいな生地に
レッドチェリーとアーモンドで飾り付けたお菓子です。
ベティーズが発祥のお菓子といわれています。
ティールームでも注文できますよ。

IMG_2970.jpg
小道にティールーム発見。
知らない土地を歩いて巡る楽しみ。
久しぶりに思い出してきましたー!




にほんブログ村 イギリス情報
02 26

ベティーズのビスケット

s-28166318_1075242639285237_2768310686030316588_n.jpg
ベティーズの缶入りビスケット。
缶入りのお菓子や紅茶は、どうしても気になる。

箱入りもあるのですが、
やっぱり缶が欲しい。

早速、チョコレートオレンジビスケットを食べてみました。
ショートブレッド風の厚めのビスケットの半面にダークチョコレートがついています。
オレンジの風味もきいてて、おいしい。



にほんブログ村 イギリス情報
07 22

英国のお菓子「サイダーケーキ」

20228791_952407308235438_6051432805518026301_n.jpg
サイダーケーキ、焼きました~。
イギリスでは、サイダーとはリンゴのお酒のこと。
炭酸入り、炭酸無しのどちらもあります。

20264662_952407331568769_1613178657024717739_n.jpg
このケーキは、
ドライフルーツをサイダーに浸して一晩おいてから、
ケーキの生地に混ぜ込んで焼き上げます。
サイダー効果?なのか、
普通のフルーツケーキよりもしっとり。
大好きな英国菓子の一つです。

20228274_952407354902100_1221006999387597520_n.jpg
お手頃価格のもので十分おいしく焼けます!


このサイダーケーキが、
8月12日の鎌倉アンティークスでのイベント
「旅するイングランド」
午後の部のアフターヌーンティーのメニューに入っております。

Teamenu_2.jpg

【イベント告知】「旅する南イングランド」はこちらより。

午前の部に、1席空きができました。
午後の部は、数席空きがございます。

午後の部では、
鎌倉アンティークスの土橋さんと一緒に、
イギリスのアンティークについてもお話します★
私も土橋さんからアンティークの買い付けのお話とか、
おすすめのアンティークマーケットなんか聞きたいです~~~!
もちろん、お菓子&英国旅行についても語り合いましょう★

お申し込みは、鎌倉アンティークス鎌倉山店へメールにてお願いいたします



ご参加お待ちしております~!

鎌倉アンティークス&ティールーム 鎌倉山店 
TEL:0467-33-0880
10:30~18:30/火曜 水曜定休
​〒248-0035
鎌倉市西鎌倉1-1-13
湘南モノレール西鎌倉駅 下車 徒歩5分
※お車でお越しの方はお近くの有料駐車場をご利用ください。


山口もも お菓子レッスン・旅行案内



にほんブログ村 イギリス情報
10 18

ベイクウェルプディングのお話

イギリスのお菓子
ベイクウェルプディング、食べたことありますか?

P1010134.jpg
サクサクの生地の中に
ジャムと
アーモンドの香りがするねっとりとしたカスタード風のフィリング。

名前の通り、
ベイクウェルという町で生まれたお菓子といわれています!

私が本場のベイクウェルプディングを初めて食べたのは、
2004年に出版した「英国お菓子めぐり」という本の取材もかねて
ベイクウェルを訪れたときでした。

P1010040.jpg
お菓子の発祥は、
こちらのラトランドアームズホテルというところで
新米のシェフが作り方を間違えて出来上がったお菓子が、
ベイクウェルプディングの始まり…
なのではないか。といわれています。

P1010036_20161018061852f51.jpg
このホテル秘伝のレシピを受け継いだのが、
現在もベイクウェルで人気のお店。

そのお店には2つ候補があるのですが、
一つ目は、
P1010069.jpg
ブルーマーズ
今年(2016年)は、阪急百貨店さんにやってきて
本場のベイクウェルプディングが味わえるみたい~。
すごい~。たべたい~。

P1010125.jpg
比較的小さい目のお店の中に
おいしそうなものがいっぱい!

P1010114.jpg
デリカッセンのコーナー、お菓子など
いろいろあったような。

P1010104.jpg

P1010107.jpg
お店の向かい側にティールームが。

P1010134.jpg
本場のベイクウェルプディング。
イギリスの古典菓子らしく、
甘みが強いです。
しっとりとしたフィリングに
サクサクの生地が当時はファッショナブルだったのでは。
メイズ・オブ・オナーと同じタイプのお菓子かも。

念願かなってのベイクウェルプディング~!

● 本場ベイクウェルプディングのお店 ● 2軒目。

P1010003_20161018061850f2c.jpg
ザ・オールド・オリジナル・ベイクウェルプディング・ショップ。

P1010032.jpg
しっとりのフィリングです。

P1010033_2016101806131869d.jpg
いろいろな大きさがあります。

P1010103.jpg
石造りの家が並んでいました。

P1010054_20161018065749f29.jpg
他にもベイクウェルの町には、
ベイクウェルプディングのお店がありましたよ~。

P1010096.jpg

P1010081.jpg
街の中にある静かな公園にて。

12年前の思い出でした~。
今度行く時は、いつかな~。楽しみです。

山口もも お菓子レッスン・旅行案内





にほんブログ村 イギリス情報

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★



プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ