FC2ブログ
12 27

イギリス 新型コロナウイルス情報

少し前に書いたブログでは、
クリスマスの間は規制緩和が・・と書きましたが、
皆さんもご存知の通り、
ただいま南イングランド南東部を中心に
コロナウイルスの変異種が広がっており
在来種よりも感染の確立が
最大70パーセント高い恐れがあると報道されました。

それに伴って?それとも感染拡大のためか、
ロンドン、南イングランド南東部に加えて、
12月26日のボクシングデーから、
南西部の一部もTier4(ほとんどロックダウンに近い)になることになりました。

さらに、クリスマス当日もすでにTier4の地域は家族外での交流は無し。
私の住む地域では、3家族のみが交流できることになりました。

正直言うと、
クリスマスの日もロックダウンみたいにしたらいいんじゃないか…
と、キリスト教ではない私は思ってしまうわけですが…
文化の違い。ですかね。

さらに、日本大使館からメールが来て、
南イングランド南東部でのコロナウイルス変異種拡大に伴って、
これから日本に帰る場合は、
飛行機の出発72時間以内の発行された医師の診断書(コロナに陰性)がない場合
日本到着後に指定の宿泊先にて14日間の自粛待機。
それからテストで陰性が出た場合には、
日本国内を移動できるという風に連絡が来ました。

明るい知らせとしては、
私の住む地域でも1月からハイリスクの該当者から予防接種が始まります。
米製薬大手ファイザーとビオンテック(ドイツ)が共同開発したワクチンを使用。

というわけで、
これから年末にかけてしばらくは、
家にこもって静かに過ごそうと思います。

皆さんの健康と安全をお祈りいたします。

スポンサーサイト



12 18

イギリス 新型コロナウイルス情報

ご無沙汰しております。
2020年、12月も中旬!

今年は年が明けて、3月からバタバタと・・・・・。
2月にのんきにロンドンへ行って、ぎゅうぎゅうのサウスケンジントン駅・・・
並んで入るぐらい混んでいたロイヤルアルバート博物館へ行ったのが嘘みたい。

さて。
第2回目のロックダウンが12月初めに解除されました。

その後、イギリスは世界に先駆けて新型コロナウイルスの予防接種が開始。
ランク別で、最重要視される方々から接種が受けられます。

そして、最近浸透してきたのがTier制度。
感染の度合いによって
その地域ごとにTier1(Medium), Tier2(High)からTier3(Very High)まで
区域が指定。警戒制度が異なります。

私の住んでいる地域は現在Tier2
家族以外の人と、6人以上で集まるのは不可。
日用雑貨店、衣料品店、ほかもろもろ。お店が営業中。
ほぼ、普通に買い物できる。
パブやレストランも営業しているところがほとんど。
パブは食事、もしくは食事とお酒を提供できるけど、バーでお酒だけは不可。
営業時間も指定指定されています。

前からロンドンはTier3になると知らされていましたが、
昨日のニュースでいきなり、南イングランドの一部分も追加!
週末に行こうと思っていた人には、突然の出来事・・・。
もう少し早めに決定できないのかしら…・。

という感じで、わたわたしているので、
クリスマスが近いけど、通常通りという感じはなく。
クリスマスカードを送りあったり
クリスマスランチしたり、クリスマスディナーの予定を話し合ったりなど
普段なら盛り上がっている時期ですが、
あんまり盛んでないような。
いつもとはだいぶ違う雰囲気です。

ボリス・ジョンソン首相は、人々にクリスマス(に家族が集まる機会を)を禁止したくない。
といって、緩和策をだしていますが、、、、
高齢者とは会わずに家でのんびり過ごす人も多いみたいです。

そうだよね・・・。
もう少し待ったら、
みんなワクチン接種できるところまできているというのに
どうして急いでクリスマスに会わなくちゃいけないの…。
その前に高齢の親が新型コロナに感染したら、今までの隔離生活は何だったの…。
元も子もない。
と、考えるよね。

という感じのイギリスです。

私は12月のはじめに風邪をひきました。
そして、いつも通りのどが痛くなり、咳がで始めたけど
いつもみたいに数週間も咳が出たらシャレにならないので、
ハチミツレモン、咳止め、痛み止め、あらゆるものを飲んで
寝るときは枕を高くして、
咳がで始めたらすぐに水を飲む。など対策。
根性で咳は封印!
しばらくは休んでいたかったんだけど、
熱が出ていない、咳が続けて出ていない
働ける状態なら仕事に来て。
と、言われ、
働けません。と言えない(→言えよ!)日本人の私は、
何とかのりきって、
やっと復活してきたところ。

同僚と話していたら、
私の周りの数名でさえ、のどが痛くても働いているらしく・・・・、
ひえー、風邪の季節は誰がコロナなのかわかんないじゃん・・・。
的な事態になっております。

職場内での感染対策として、
一定の人しか屋内に入れない。
冬でも窓を開けている。
決まった人以外はお互いに近寄らないようにしている。
濃厚接触者、朝、昼、午後とどの場所にいたのかをシートに書き残してある。

で、自分との濃厚接触者に感染者が出た場合は、直ちに10日間の自主隔離。
発熱、咳などの症状が出た場合は、すぐに自主隔離、検査を受ける。

健康維持にはさらに気を付けて過ごしてまいりましょう!
11 13

Facebookライブ配信のお知らせ

明後日、
2020年11月15日の日曜日、夜の9時から
Facebookライブ配信をいたします!

11月5日のロックダウンからはや10日。
今年は3月下旬からロックダウン、
その後、徐々に解除されて夏の間は比較的自由に生活しました。

2回目のロックダウンとなってからの生活の変化といえば、
ティールーム、レストラン&パブが閉まっている。
ふらっと買い物に行けない。
人と集まらない。
というぐらいでしょうか。

さて、
週末のフェイスブックライブは、
こんな感じでイギリスの現状をすこし。

そして、
「英国の暮らしとおやつ」11月の章から。
ガイフォークスディー
そして、クインスについてお話したいと思います。
20201012_101201.jpg

本をお持ちの方は、
ぜひお手元にご用意くださいね★
11 06

イングランド、2回目のロックダウン。

2020年
今年は、思いもよらず人類史上で歴史に残る年となりましたね。。

さて、イングランドは11月5日のお昼12時から2回目のロックダウンとなりました。
今回は(いちおう)期限付きで、12月2日まで。
1回目と違うのは、
子供たちは、学校に引き続き登校。
前回は、かなりの業種が休業しましたが、製造業、建設業を含め家ではできないお仕事は継続。

夏の間も6人以上での会合は禁止されていたし、
色々と規制はあったので、
今回のロックダウンは、お店が閉まる。というのが一番大きな変化でしょうか。

私の周りでは、
子供が風邪をひいて熱が出たので、
家族全員が検査を受けた。
郵送のテストだったので結果が出るまで1週間かかったために
その間、全員自宅待機していた。。という人。

携帯電話にダウンロードしたアプリで
感染者と濃厚接触したと連絡が来たため、これから9日間自主隔離する人。

と、感染はしていなくても、だんだんと生活に影響が出始めてきました。
大量感染しないための予防措置なので、
こういう予防線があるのはいいかと思います。

ロックダウンに伴って
スーパーで買いだめする人もちらほらいたらしく、
牛乳とか卵がなかったよ・・・・。
と、教えてくれる友達が数名いました…。

さて。

11月5日は、ガイフォークスデー。
ボンファイヤーナイトでした。
こんなに静かなボンファイヤーナイトは、イギリスに来てから初めて。
イングランドでは、
ハロウィンよりもガイフォークスナイトのほうが盛大にお祝いされる気がします。
詳しくは、「英国の暮らしとおやつ」11月の章にて
ご紹介しています!

今月は、あっという間に終わらないように、
一日一日を、時間を大切にかみしめながら?暮らしていきたいと思います。

2回目のロックダウン。
どんな心境になるのかな?
08 15

エルダーフラワーコーディアル2020年(長野産)

116878556_356994282144357_3598350065663020656_n.jpg


昨年に続き長野県の小田切で採れたエルダーフラワーのコーディアルができました!

今年は天候の理由で通常の半分の収穫量となり、販売はされないとのこと。来年の一般販売に向けてのサンプルのみ。
塩尻市の やざわ加工所さんにて製造。

材料は、エルダーフラワー、砂糖(果糖=フルーツシュガーと呼ばれているもの)レモン、クエン酸のみ。
(水で7倍希釈していただきます。)

昨年に長野県の塩尻市で開催したイベントにて、エルダーフラワーを栽培する安西さんにお越しいただいたご縁で、なんとー、今年は私のイラストがボトルに😉❤️

来年は、たくさんのエルダーフラワーが収穫されますように🍀

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★



プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ