04 25

イングランド南西部の町、Newentに行く。

先日、
ブリストルに向かう途中で、
イングランド南西部にあるNewentという小さな町に立ち寄りました。

17952569_892548687554634_5578176406907470705_n.jpg
ハイストリートに、古い建物が立ち並んでいます。

18033097_892548760887960_3795462435516240371_n.jpg
フィッシュ&チップスのお店。
1465年に建てられた?と書いてありますが。。
本当ならば、すごいですよね!

17952761_892548734221296_7899386809167090706_n.jpg
フィッシュ&チップスのお店の隣は、
ティールーム。

お茶したかったのですが、
夕方4時半に着いたので、お店はすでに閉店してました。。

18033258_892668467542656_3847448748584481199_n.jpg
お腹が空いたので、
お肉屋さんでソーセージロールを。
もぐもぐ。
ヤギとワイルドボー(猪?)のお肉に挑戦。

17952993_892668487542654_6436867750111831156_n.jpg
コッツウォルドバター!

家に帰ってからパンに塗って食べてみました。
クリーミーで塩味がきいてます。

18056652_892548710887965_292475698581920124_n.jpg
マーケットハウス。
かつて、マーケットが開かれていた建物。

18033856_892548670887969_8639719793864043513_n.jpg
ねこちゃん、激写。
近寄ってきてかわいい。

ふらっと立ち寄ったので
ハイストリートのみ探索しました。
個人商店が並ぶ古い町です★


★本日のクレステッドチャイナ★

18118741_895617470581089_6244049732648579398_n.jpg
ウィンザー城にあるラウンドタワー。
850年の歴史ある建物です。

クレステッドチャイナが、
「鎌倉アンティークス」さんにて、
取り扱いが始まりました!
「鎌倉アンティークス」ウェブショップはこちらから。

鎌倉アンティークス鎌倉山店には、いろいろな形が置いてあります★
ぜひお手に取ってその可愛さに触れてみてください~。
いろいろな形があって、わくわくしますよ~。



3b1fc8_b50fdd9bbc1d458984d47f20fd319cdc~mv2

3b1fc8_c59d75f7d2b4474880f9d6cde5373733~mv2
鎌倉アンティークス鎌倉山店には、
ティールームもありますよ★





にほんブログ村 イギリス情報
スポンサーサイト
04 23

春のお祝い、イースター。

今年は、4月16日の日曜日がイースターサンデー。
暖かくて過ごしやすい週末でした。

18010239_890754457734057_2646479632812336213_n.jpg
イースターホリデー中にブルーベルの森へ。

まだまだ先かな~と思ったいたら、
ブルーベルの花が一気に咲き始めました。

17992084_891433040999532_603936696343881712_n.jpg
近くのナショナルトラストのお屋敷へ
ピクニック&散歩にも行きました。
水仙はほとんどおわっているのですが、
こちらのお庭にはまだたくさん咲いていました。
特別な品種なんでしょうね。


イースターの週末は、
いたるところで、
子供たちが楽しめるように
イースターエッグハントも催されています。

17952443_890750507734452_4389410232013320493_n.jpg
バスケットにいっぱいのチョコレート。

17952885_890750491067787_5030351081430254263_n.jpg
エッグハント用には、
マークス&スペンサーのチョコレートが
カラフルでおすすめ★

17952786_891431497666353_5401565262015719317_n.jpg
ナショナルトラストの敷地内。
お花がきれいです。

030 (2)
エッグハントであるいていると、
思わぬところに小道も発見。

今年はお天気に恵まれて、
お外でたくさんイースターホリデーを過ごしました★

ここからは、
少し前の様子。
17458406_878609858948517_382198447585791910_n.jpg
こちらは1か月前ぐらいに行った
ナショナルトラストのお庭。
クリスマスローズがたくさん。

17634873_887626984713471_7863859171971772677_n.jpg
園芸用のエルダーフラワーにも
新芽がついてきました。

17903676_891183671024469_6284112618021773152_n.jpg
クレステッドチャイナ。
紋章のイラストが可愛いなーと思ってぱちり。
聞いたことない名前だな・・・と
調べてみたら、
北イングランドのダラムの近くにある町でした。


クレステッドチャイナが、
「鎌倉アンティークス」さんにて、
取り扱いが始まりました!
「鎌倉アンティークス」ウェブショップはこちらから。

鎌倉アンティークス鎌倉山店には、いろいろな形が置いてあります★
ぜひお手に取ってその可愛さに触れてみてください~。
いろいろな形があって、わくわくしますよ~。



3b1fc8_b50fdd9bbc1d458984d47f20fd319cdc~mv2

3b1fc8_c59d75f7d2b4474880f9d6cde5373733~mv2
鎌倉アンティークス鎌倉山店には、
ティールームもあります★





にほんブログ村 イギリス情報
04 13

英国のアンティーク陶磁器 クレステッド・チャイナ 日本で販売開始!

115931544.jpg
copyright Kamakura Antiques


★お知らせ★
かわいいミニュチュア磁器置物
「クレステッドチャイナ」が日本でも手に入るようになりました!


King william
イギリスでは鉄道が普及しはじめたヴィクトリア時代から
一般人も少し遠くまで旅行することができるようになって
空気の綺麗なシーサイドリゾートに旅行するのが人気となりました。

そんな時代に、
お土産用のミニチュア磁器として人気を博したのが
クレステッド・チャイナです。

Sussex_201704122214028b1.jpg
旅行した各々地で、
その土地の紋章が施されたクレステッドチャイナを
旅行のお土産として購入しました。

Winchester.jpg
こちらは、
古都 「ウィンチェスター」の紋章がついた豚ちゃん。
豚は、イギリスでは人気のモチーフで
いろいろな小物に豚のデザインをみかけます。

Shakespeare House
その人気から、
いろいろな形が各陶磁器メーカーから作られました。
紋章だけでなく、
有名な建物のミニュチュアも登場します。
その一つが、シェイクスピアハウス。

Walesh lady milk jug
ウェールズの民族衣装をきた女性のジャグ。

という感じで、
様々な形のクレステッドチャイナがあります。

手のひらに載る小さなサイズがほとんどなので、
キャビネットに並べて飾るとかわいいんですよ。


このクレステッドチャイナが、
鎌倉にあるアンティークショップ&ティールーム、
「鎌倉アンティークス 鎌倉山店」さんで
販売開始となりました!
昨年末に鎌倉アンティークスさんにてお茶会をさせていただいたご縁で、
私もこのクレステッドチャイナ普及に向けて、
少しお手伝いさせていただきます★

では、
「鎌倉アンティークス」さんのウェブショップ
からいくつかご紹介いたしましょう!

【 シーサイド・ドンキーに乗る少女 】(商品番号MM00029)
115820922.jpg
copyright Kamakura Antiques

イギリスの海辺では、砂浜でロバに乗るのが人気でした。
ロバはおとなしい動物なので、
子供たちが触ったり乗っても安全だったからみたいです。
(しかも、かわいい。)

115820922_o3.jpg
copyright Kamakura Antiques

北イングランドの人気シーサードリゾートだった
ブラックプールのクレスト(紋章)入り★
形とクレストが一致している場合は、
マッチングクレストと呼ばれます。

【 ベージングマシーン 】(商品番号MM00047-10)
115550724.jpg
copyright Kamakura Antiques

1700~1800年代のイングランドでは、
海辺で海水浴をするのが人気となりました。

そこで登場したのが、
ベーングマシーンとよばれる車輪付きの小屋です。
この中で女性たちは水着(といっても今の洋服に近い)に着替えて、
波打ち際まで運んできたベージングマシーンから海の中に入りました。

115550724_o2.jpg
copyright Kamakura Antiques

海辺の町、イーストボーンのクレスト入り。
(だからマッチングクレストね。)
ものすご~~~く、
ビクトリアンで、クレステッドチャイナらしいデザインの一つです★

115550724_o3.jpg
copyright Kamakura Antiques

たくさんのクレステッドチャイナを生み出した
アーケイディアン・チャイナのトレードマーク入り。

【 ティーポット 】(商品番号MM00051)
112430870.jpg
copyright Kamakura Antiques

テーブルウェアも人気のデザインでした。

クレステッドチャイナは、
基本的に小さな置物が多いのですが、
実物大に作られたテーブルウェアもあります。

ロンドンから近いということで
ブライトン、ラムズゲートに並んで人気のシーサードリゾートだった
マーゲートのクレスト入り。

112430870_o1.jpg
copyright Kamakura Antiques

反対側には、マーゲートのあるケント州のクレストも。

112430870_o2.jpg
copyright Kamakura Antiques

実用的にちゃんと作られています。

112430870_o3.jpg
copyright Kamakura Antiques

クレステッドチャイナの元祖、ゴスのトレードマーク入り。

お店には、他にもいろいろな形が置いてあります★
ぜひお手に取ってその可愛さに触れてみてください~。
いろいろな形があって、わくわくしますよ~。

「鎌倉アンティークス」ウェブショップはこちらから。

3b1fc8_b50fdd9bbc1d458984d47f20fd319cdc~mv2

3b1fc8_c59d75f7d2b4474880f9d6cde5373733~mv2
鎌倉アンティークス鎌倉山店には、
ティールームもあります★





にほんブログ村 イギリス情報
04 10

バタフライハンドルのカップ&ソーサー

本日は
美しい蝶のハンドルがついたカップ&ソーサーのご紹介です!

IMG_1212.jpg
繊細なバタフライハンドルのカップ。

IMG_1204.jpg
この美しさは、、
観賞用かな?

IMG_1208.jpg
アジアン風なデザインがまた素敵です。

IMG_1210.jpg

IMG_1212.jpg

IMG_1214.jpg
凛としていて美しいです。

こちらのページでお求めいただけます。お気軽にお問い合わせくださいね。




にほんブログ村 イギリス情報
04 08

イギリスのイースター

お天気のいい日が続く春です!
気分も明るくなりますね。

さて、
春といえばイースター。
イギリスではクリスマスの次に大きな年中行事で
もともとは春の到来を、
キリスト教では
イースターサンデーを「キリストの復活祭」として祝います。

17523206_884353158374187_334662745096092434_n.jpg
「お菓子を習いに英国へ」のイースターの説明ページ。
この本は、
ぱっとみると
写真付き英国お菓子のレシピ本のようにみえますが
全然違います!

実は、読み物です。
レシピがついている読み物。。。という感じ。
イースターのこともぎっちりと書いておりますので
是非ご覧ください!

17523054_884353185040851_7376708767830409899_n.jpg
イースターサンデーの前にあるグッドフライデーに食べられていた
ホットクロスバンズ。

12809608_669911509818354_6173339631824086327_n (2)
とても歴史の古いお菓子パンです。
イギリス人は大好きで、
今では一年中、ティーケーキ(小さいバンズ)同様に普通に売っています。

P1010063 (2)
こんな風につくっても。
(パイレックスのガラス容器は、パンやフルーツケーキがうまく焼けます!)

P1010069 (2)
こんな風にローフ型にいれても、
なかなか可愛い。

IMG_1202.jpg
子供達に人気の
イースターエッグネスト。
鳥の巣と卵を見立てたお菓子です。

イースターのお菓子には、
パンケーキデーに食べるパンケーキ。
シムネルケーキ、イースタービスケット、
イースターエッグチョコレートなどがあります。

IMG_8424_20170407014950bfa.jpg
この時期になると
お庭に植えてあるルバーブがぐんぐんと伸びて
昨日(4月5日)は今年初、ルバーブを収穫しました。

IMG_8426_20170407014949d9b.jpg
葉っぱの大きさ、わかりますか?
巨大!
ほっておくとものすごい大きさになります。

IMG_8425.jpg
大きく育った茎を選んで
根元から引っこ抜く感じで収穫。
そうするとその後からまた新しい芽が出てきます。

17799050_883836278425875_330473240870026880_n.jpg
さっそく、
夕食のデザートにルバーブクランブルを。

17760143_883836251759211_609570382264757183_n_3.jpg
イギリス人はカスタードを脇に注ぐ(どばどばと)
がお好み。
私はバニラアイスクリームが好き。

IMG_8429_2017040701562020b.jpg
「お菓子を習いに英国へ」の
ルバーブクランブルのページ。
このレシピでいつも作ってます★
おいしいよ!


IMG_8428_201704070203326c9.jpg
この前、ファームショップから買ってきたハイランダーというお花。
こんな感じの小さくて素朴に愛らしいお花が好きです。




ウェブサイト「山口もも 旅行案内・お菓子レッスン」は、こちら→http://momoyamaguchi.com/archives/579



にほんブログ村 イギリス情報

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

著書は、
「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★





mytaste.jp

プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ