FC2ブログ
08 15

エルダーフラワーコーディアル2020年(長野産)

116878556_356994282144357_3598350065663020656_n.jpg


昨年に続き長野県の小田切で採れたエルダーフラワーのコーディアルができました!

今年は天候の理由で通常の半分の収穫量となり、販売はされないとのこと。来年の一般販売に向けてのサンプルのみ。
塩尻市の やざわ加工所さんにて製造。

材料は、エルダーフラワー、砂糖(果糖=フルーツシュガーと呼ばれているもの)レモン、クエン酸のみ。
(水で7倍希釈していただきます。)

昨年に長野県の塩尻市で開催したイベントにて、エルダーフラワーを栽培する安西さんにお越しいただいたご縁で、なんとー、今年は私のイラストがボトルに😉❤️

来年は、たくさんのエルダーフラワーが収穫されますように🍀
スポンサーサイト



07 31

7月最後の日!

わぁ、あっという間に7月が終わる。

今年は3月中旬からロックダウン。
そのあと、その生活になれるまでにしばらくかかり、
やっと慣れてきた6月から小学校の3月年が再開。
7月4日から、徐々にロックダウンの規制緩和でノンエッセンシャルショップとよばれる
雑貨店やレストラン、パブ、ホテルなどが再開しました。

再開後のお店は安全対策が取られていて、
店内の人数制限、入る前に手の除菌。7月24日からはマスク着用。
と、いろいろ変わりましたね。

私は6月中旬ぐらいまで仕事と散歩以外は家にほとんどいました。
ほかは、スーパーに買い出しに行くぐらい。
田舎でも道路は閑散としていて、
こんな光景見たことない…。
走っている車も、今までになく皆さん安全運転です。
非常事態なんだなぁ。とひしひし感じました。

6月の中旬ぐらいからロックダウンの規制緩和の話題が
政府の記者会見からも出てきました。
そして7月。
これからしばらくはホリデーに出かけられるのはこの夏ぐらいかも・・・。
と、思いまして、
もともとは春休みに予定して(キャンセルになって)いた
国内旅行を振り替えて7月に行くことにしました!

116908424_1812776212198539_8083540629386353762_n.jpg

ホリデーは、
デボンとコーンウォールの田舎をめぐる旅。
渓谷や滝を見ながらの探索や
海辺にある村で散歩。
少し慣れてきたら、街で買い物もしましたよ。

農場にあるウッドキャビン(2ベットルームある小さな小屋?)に滞在。
周りには羊。
遠くにテントやヤートに滞在している方たちが見えましたが、
感染対策もあり、交流はありませんでしたねぇ。

思いっきり楽しんできたので、
これからは、しばらく家でのんびり過ごしたいと思います!

05 27

ルバーブのフール作りました!

5月の下旬だー!
イギリスは、3月に入ってからじわじわと新型コロナウイルスの話題が広がって
中旬には深刻化。
政府の突然の方針変更で、
学校の一斉休校、お店の休業要請、外出禁止令でロックダウン。。
というバタバタと生活が一変しました。

そして、気が付いたらもう5月が終わる。
6月1日からは、小学校の3学年がまずは始まります。
少しずつ、規制緩和される方針。

さて。
ルバーブがたくさん採れる。
今回は、フールにしてみました。
新しいレシピを見つけたので早速挑戦。

DSC_2524.jpg
ルバーブ収穫。
この量で、ちょうどルバーブ400gぶんになります。
材料は、
ルバーブ 400g
砂糖 125g(グラニュー糖かカスターシュガー)
グランマニエ 50㏄(もしくはオレンジジュース)
ダブルクリーム 300㏄(脂肪分55%のクリーム)
グリークヨーグルト 500g

お好みでメレンゲを少々

DSC_2525.jpg
風味づけにグランマニエを加える。

DSC_2533.jpg
ダブルクリームとグリークヨーグルト。

DSC_2545.jpg
グリークヨーグルトは、ちょっと固め。濃厚な味。

DSC_2534.jpg
ルバーブは、
水とグランマニエ、砂糖(分量の半量)を加えて、
柔らかくなるまで5分から10分コトコト過熱。

DSC_2539.jpg
液体をこして、ルバーブだけを冷ます。
半量は、マッシュする。

DSC_2540.jpg
シロップは、少し煮詰めてから冷ます。

クリーム、グリークヨーグルト、砂糖、シロップを泡立てる。
柔らかく角が立つ程度。
小さなメレンゲを1個、食べやすい大きさに割って加える。(←オプションね。)

最後に、マッシュしたルバーブ、残りのルバーブを加えて
ざっくりと混ぜる。
器に盛り付け。

作ったらすぐに食べよう。
(時間が経つとヨーグルトの水分が分離してきます。)

この量で、6~8人分は作れたかな。
日本人サイズだったら、もっとかも。

DSC_2556.jpg
今回は練習なんで、
なんてことない器を使いましたが・・・
ガラスの可愛い器とかに盛り付けるとかわいいと思う。

お試しあれ―!
04 29

ルバーブのクランブル ★イギリス 新型コロナウィルス情報★

94787178_1719937841482377_3976254888408514560_o.jpg

今年もルバーブの季節!

95317776_1719117974897697_4610476306528731136_o.jpg

お庭のルバーブを収穫して
クランブルを作りました。

94558141_1721201324689362_5019254929936613376_o.jpg

私は、「お菓子を習いに英国へ」のレシピで作っています。
このレシピは、クランブル生地が少な目。
ヘーゼルナッツやクルミ、ピーカンナッツを加えると
香ばしくておいしいです。

94121943_1716946881781473_2367209987270246400_o.jpg

ファームショップやスーパーでも
売ってますよ。
クッキングアップルと一緒に
パイやクランブルにしてもおいしそうね。




★イギリス 新型コロナウィルス情報★
4月下旬。
イギリスでは病院での新型コロナウィルスの累計死者数が2万人を超えました。
最近のニュースでは、
イングランドとウェールズでは
試算している数字よりも実際は30%多いのではないかと・・・。
老人ホームや自宅で死亡した方を含めると、
新型コロナウィルスでの死者は4万人といわれています。


イギリスの政府官邸で行われる定例記者会見で
一番の争点になった(なっている)のが
PPE(個人防護具)の不足問題。

日本は、もっと強く新聞、マスコミ、国民が一体となって
この問題解決について政府に議論を持ち掛けるべき。

医療に携わる人たちの安全を確保することは、必要不可欠。
医療崩壊を防ぐためにも必須。

感染しないよう自分を守るように、医療従事者とその家族も守らないと。

BBCが日本のPPE不足について内部取材しています。
動画リンク↓
東京圏の病院は「感染患者でひっ迫」 
新型ウイルス専用治療室の内部

神奈川県川崎市の聖マリアンナ医科大学病院のICU(集中治療室)の現状。


4月27日の定例会見で健康相のマット・ハンコック氏によると
今のところ、ICU(集中治療室)の空いているベット数は、3190床。
42%の酸素マスクのあるサポートベッドに空きがあり。

ちなみに
山梨県の長崎幸太郎知事のFacebook(4月19日付)では
山梨県内で、重篤な新型コロナウィルス患者のために用意する
ICUのベットは50床。
(患者が一度入院すると2~3週間は人工呼吸器が必要になります。)
中等症患者用350床の確保に向けて現在、調整中。

この数字をどうとらえますか?

イギリスでは、8番目のNHSナイチンゲール病院が開設。
ロンドンのナイチンゲール病院は、
開設から3週間で51人の患者を治療。
イースターホリデーの週末に出かけた人による感染拡大の
影響がこれからなので、患者数の変化に注意が必要。

国内のA&E(救急外来)の利用は
昨年の同時期に比べて50%以下。
これは、ロックダウンによる交通量の減少なども影響している。

政府は、
NHS(国民健康サービス)と
ソーシャルケアサービスで働く方々が
新型コロナウィルスで死亡した場合に
生命保険制度として死亡時には家族に6万ポンド(1千万円弱)を配布を決定。

現在、NHSでは82名、ソーシャルケアワーカーは16名が亡くなられています。
本日、4月28日の午前11時、国内で一斉に1分間の黙とうが捧げられました。

ヨーロッパの国々では第一波のピークを越えたところが多く
これから徐々にロックダウンの規制を緩めていく方針。

月曜日から職務に復帰したボリスジョンソン首相は、
ロックダウンの規制緩和は
慎重に行わなければならないという姿勢を発表。


安全に健康でお過ごしください。






04 26

春の散歩。最近思うこと。

こんにちは!

3月末からの
ロックダウン、
外出禁止制限が始まってから5週間が経ちました。

94228515_1718182711657890_2636077435375845376_o.jpg


最近は、
いかに穏やかな気分で過ごせるか。
健康に過ごすか。

ということに重点に置いて暮らしています。
なんだか丘の上の修道院にいる修道女みたいな生活をしております。。

93857451_1716366751839486_5902174195948716032_o.jpg
さて。
お天気がいいので
夕方に散歩に行くのですが、
そこで毎回、写真を1、2枚撮っています。

93934360_1715310611945100_3090070115811590144_o.jpg

そしたら、すごいことに気づいちゃった。
毎日、同じような時間に同じ道を通っても、
おんなじ写真って撮れないんです!
光の当たり方もちがう。
雲の形も、ブルーベルの立ち姿も、昨日とは違う。

94483615_1717406895068805_6840306842803896320_o.jpg

この世の中で変わらないものなんてないんじゃないか。。
人との出会いのみならず、
すべては一期一会だった…。
という、シンプルだけど
今までみたいにせわしく暮らしていたら
考えもしなかった静かな世界。。

これを機会に、
私はいろいろな考え方を改めるような予感がしてます。


みなさんも健康でお過ごしくださいね。

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★



プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ