FC2ブログ
08 14

ルバーブクランブルを作る

長野県の塩尻市でのイベントでは
ルバーブのお話も少ししました。
現地でルバーブ栽培をされている
かぼちゃん農園さんの
真っ赤なルバーブも展示販売されました。
こちらのウェブに農園だよりがあって
ルバーブの生育状態がわかるのですが、
花が咲いている!
イギリスでルバーブの花を見たことないのです。
どういうことなんでしょうか???

イギリスではフォースドルバーブと呼ばれる2月ぐらいから出回る
初物ルバーブが赤い色をしています。

さて。
実家の畑では
数年前に植えたルバーブがわさわさと生育中。
春から夏まで元気に育つ。

s-68249496_1470028326473331_7539564042994581504_n.jpg
ほぼ野生化しているため、なんだかたくましい感じ。
イギリスの私の庭でとれるのもこんな感じか…。

s-68689399_1470028296473334_2990567208305819648_n.jpg
「お菓子を習いに英国へ」のレシピでさっそく作ります!

s-67872528_1470028263140004_4588737393984536576_n.jpg
今回は、
耐熱容器のココット皿(直径10センチ×高さ6センチ)4個分
レシピはルバーブが400グラム
本の4分の3の分量で。

作りたい容器にザクザクを切ったルバーブを入れてみて
ちょうどいい量になったら使用するルバーブを計量。
それに比例する量でほかの材料も計算しました。

s-67951718_1470030339806463_8896940774168461312_n.jpg
焼き時間は本と同じ35分で。
かなり暑い日なので、納得?

簡単に作れておいしいので、
お試しくださいー!
スポンサーサイト
08 12

英国のキッチン

s-00 Sample_2_page-0001
8月ももう中旬!
暑い夏が続きますね。

さて、8月17日土曜日は横浜の「藤棚デパートメント」にて
イベント開催します。
午前の部は、
イギリスの紅茶飲み比べ&ヴィクトリア女王生誕200年記念 (満席キャンセル待ち)

午後の部は、
イギリスのキッチンとベーキングの変遷について。
チューダー朝からヴィクトリア朝、現代まで。

お申し込み・詳細はコチラから↓
https://www.facebook.com/events/351155882266930/

小冊子「英国のキッチン」を読み解いていきます☆

キッチンについて、私は大学生のころから興味がありました。
最初は日本、イギリスに渡ってからイギリスのキッチンへ。

s-英国のキッチンを訪ねて
2006年に出版された「お菓子を習いに英国へ」でも
コラムでキッチンについて取り上げました。

それから10年以上!
訪れた農家やお屋敷のキッチンはかなりの数に。
いままでリサーチしてきたことを
これから少しづつまとめていくつもりです!

「お菓子を習いに英国へ」の中で、
ウェールズのコンウィという町にある
プラス・マウルというお屋敷を紹介しました。
(クレア・トラベラーズ2017年秋号にも出てます!)

ここは、コンウィのハイストリートにあるタウンハウスで
素晴らしいキッチンが保存されています。
ここのキッチンの写真を「英国のキッチン」でも
取り上げました。

コンウィは、北ウェールズにある城下町。
かつてイングランドが攻め入った時に、
イングランド軍は各地に城を建設して、
ウェールズの鎮静化を図りました。
その当時に作られたお城の城跡が今も一般公開されています。

横浜でのイベント、
英国の紅茶とデザートを食べながら、
楽しいひと時を過ごしましょう☆


●ももさんのイギリス講座その2 イベントの詳細●

【日時】
8月17日13:30~15:00
(開場は13:20から)

【内容】
・イギリスのベーキング・オーブン・キッチンの変遷
・ももさんとティータイム(ももさんがお茶をセレクトしてくださいます。お菓子はももさんの本のレシピから。)
・ももさんセレクトグッズの販売

追加として、
両方受講の方には間に軽いランチを提供します。(無料)

【講座費】
4,500円(当日支払)
その2の講座では、
ももさんの作られた小冊子を副読本として
講座で使用します。そのため、持っていない方は当日購入ください。


【申込方法】
MAILで申込をお願いいたします。
返事をさせていただいて、申込となります。

atrie7777@gmail.com


以下の内容を、メールに記入お願いいたします。
①お名前
②希望の講座(その1のみ・その2のみ・両方)
③緊急連絡先
④ももさんの小冊子(購入する・持っているので不要)

(2講座とも申込の方のみ)
⑤ランチ希望(する・しない)
⑥アレルギー(有り(アレルゲンを明記)・無し)

【キャンセルについて】
8月12日までメールにてキャンセル受付します。
8月13日以降は、キャンセル料として
講座費振込いただきます。
台風など天候など、実施をしない場合は、
こちらのイベントサイトとメールでご連絡をします。

08 06

長野県で、エルダーフラワー&ベリーの栽培!

こんにちは!
日本の夏、8月。
暑いですね。

イギリスに住んでいると汗をかくという日はほとんどありません。
なので、なんだか無料サウナにみたいな。
無料デトックス…みたいな気分。

さて、山梨、大阪、長野県塩尻市と
お茶会が無事に開催されました。

お越しくださった皆さん。
そして、サポートしてくださった方々に感謝の気持ちでいっぱいです!
どうもありがとうございました!

s-1.jpg
(写真:英国の暮らしとおやつより)

8月3日の長野県塩尻市「えんぱーく」でのお茶会には
午前中の部に
長野市小田切地区にてエルダーフラワーの栽培に
取り組んでいる安西さんにお越しいただき、
現在の状況、これからの展望についてお話ししていただきました!

s-エルダーフラワー写真_page-0001

安西さん 小田切地区地域おこし隊の活動について

エルダーの栽培に気候が合うそうで、
山の中にたくさん咲いているそうです!

s-エルダーフラワー
(小田切のエルダーフラワー)
日本で摘んだエルダーフラワーでコーディアルを作る・・・・。
素敵ですね!

エルダーフラワーで作ったジャムの試作品も持ってきてくれました。
ジャム、おいしいー!
そうか、こうやってお花も活用できるんだなーと新しい発見。

s-3.jpg
(写真:私の庭のエルダーベリー。)

あと、エルダーベリーのジャム(ソースかな。)の試作品も。

紫色の濃いベリーは、
インフルエンザの予防に聞くといわれていて、
その昔は、エルダーベリーのシロップが薬として用いられてきました。

楽しいお話しをどうもありがとうございました!

☆エルダーフラワーの安西さん情報☆

2019年はエルダーベリーが8月14日ごろから摘めます。
現地へ摘みに行くことも可能。
エルダーベリーの購入も可。
価格と送付方法はただいま検討中。
安西さんまでお問い合わせください!

s-エルダーフラワーコーディアル
エルダーフラワーコーディアル販売情報
2019年9月上旬より販売予定。
150ml 1580円 

「長野市小田切産のエルダーフラワーと
安曇野の美味しい天然水、国産レモンで仕上げた。
国産エルダーフラワーコーディアルです」
数量限定販売ですので購入を希望される方はお早めに下記まで☆

お問い合わせ先
連絡先:
安西 推(あんざい すすむ)
電話 090-5459-9207
メールアドレス jumping01jack01@yahoo.co.jp



07 12

夏のブライトン

66797889_1446339548842209_3466909120433487872_n.jpg

南イングランドの海岸線の町はいろいろとありますが、
ブライトンはほかとは少し違っています。

もともとは田舎町だったこの土地に
ジョージ4世が摂政王太子であった時代に
海辺にあるブライトンにあるコテージを気に入って、
ロイヤル・パビリオンとして改装しました。

このころからブライトンはただの田舎町から
ファッショナブルな避暑地として知られるようになります。

65817288_1442347375908093_1144870575525593088_n.jpg
南イングランドでもかなり大きめの町へと成長。
ベジタリアンや健康志向に人たちが集まり活気があります。

66042984_1443121299164034_1245401681022156800_n.jpg
ロンドンやブリストルみたいな雰囲気。

66042960_1442627702546727_4039177155727327232_n.jpg
ちいさなお茶専門店みつけました。

インスタグラムに載せた写真に
ブライトンで日本語を教える教室の先生(イギリス人?)から
ここのお茶を日本へのお土産によく買います。
と、コメントいただきました。

07 04

エルダーフラワー

7月になりました。

いいお天気が続くイングランド。
今が一番、こちらで暮らしていて気持ちのいい季節。

IMG_3176.jpg

お庭にエルダーの木が、
にょきにょきと高く育ち始めました。
あんまり大きくなりすぎると、上のほうに咲く花が摘めなくなるので
今年は剪定しないと。

お花がまだ少しだけ咲いています。
最初のほうに咲いたもので、
摘まなかった房には、ベリーが付き始めました。

さて。
今年は長野県で8月3日に開催する一日イベント(午前の部)に
エルダーフラワー栽培される方がいらっしゃいます!

日本でもエルダーフラワーのコーディアルが商品化される??
どんなふうに育てているのか?
香りは?
イギリスのものとは何か違いはあるのかしら?
など、生産者の方にお聞きしたい!

ももさんお茶会紹介_page-0001s

たのしみです!
お問い合わせ、お申込みは、

info@momoyamaguchi.com

よろしくお願いいたします!

20180708234737ede_201906292141141c6.jpg
即売会で、こちらの冊子も販売しますねー!

britishcookery

Author:britishcookery
フードライターの山口ももです。

「英国お菓子めぐり」
「お菓子を習いに英国へ」
「英国の暮らしとおやつ」

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

このブログのご感想・ご意見などは
以下のメールフォームへよろしくお願いします★



プロフィール
英国の食べ物と暮らし
英国の食べ物と暮らし
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ